部下を育てたいと思っていますか?

上司の立場にある人には必ず部下がいます。

部下がいるからこその「上司」で、上司という言葉は部下から見た言葉と言えます。

部下を持っている上司としては、部下のことを知らなければ務めを果たすことはできません。

私が以前勤めていた会社では、部下の名前を言えない(知らない)というとんでもない上司がいましたが、こんな上司は論外でそもそも管理職の立場に就かせてはいけないジンザイ(人罪)です。

上司は毎日とは言わなくてもそれに近い頻度で部下と何らかのコミュニケーションを図る必要があります。

多くの会社では「日報」というツールを使ってそれを行なっているかもしれません。

日報も適切に使いこなせばかなり有効です(日報を使いこなせている上司をほとんど見たことがありませんが・・・)。

上司自身の業務日報には、毎日部下とどれくらいの時間を会話したか?などをメモしていくと良いと思います。

自分なりの傾向が見えてくるはずです。

部下と会話した時間をメモするだけですが、ちりも積もれば・・・で、1か月・・・3か月・・・と積み重ねていくことで毎日の就労時間のうちどれくらいの時間を部下とのコミュニケーションに充ててきたかを窺い知ることができます。

きっとその短さに驚くことでしょう。

驚くほど部下との対話に時間を割いていないことに気づけると思います。

1週間の中で部下とコミュニケーションを取った日にちが2日以下だとか・・・、あるいは1日もない!という上司もいるかもしれません。

まあ、ここで大事なのは、1回あたりの時間よりもそもそもの回数にあります(単純接触の法則)。

どれくらいの時間や回数を部下とのコミュニケーションに割くと良いか?・・・という明確な答えはありません。

はっきりとした数値はないものの、せめて週の半分以上はそうした機会を設けているのが望ましいと思います。

時間数は1日当たりで3分~1時間くらいだと思います。

「部下を育てたい!」と本気で思うのであれば、誰から何も言われなくても当然部下とのコミュニケーションの場を設けているハズですが、「育てる」という意識が希薄な上司だと単に面倒くさいといって業務放棄しているかもしれません。

「忙しい」「時間がない」などと言い訳をして、部下と接することを避けている上司も多くいるような気がします。

上司は組織の一員としてたまたま部下を預かっているだけですが、人事権を有していて、かつ指揮命令権を有しているのですから、その責任と権限に対する義務を全うすることが求められます。

場合によっては部下が個人的に目指している方向を知り、可能な範囲で応援をしてあげることも大事です。

部下に共感して応援してあげる・・・という態度を忠実・誠実に示せれば部下だって自ずと成長するレールに乗ってくると思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  2. 2023-1-25

    【重要】今年1年間は稼ぎを諦めてでも仕組みつくりに専念するのもアリ?!

    コロナの特別融資の返済+急激な円安+物価高など、経済環境の悪いところを見つけようとすればいくらでも出…
  3. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  4. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  5. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  6. 2022-7-17

    将来に「安心」を求めるなら・・・

    お釈迦様の言葉です。 「善いことをしたなら、安心していなさい。 その善いことがずっと昔にした…
  7. 2015-7-30

    1万円札の鳥はキジ?鳳凰?

    紙幣に描かれる動物は全8種類 お札には数字や文字や絵などいろんなことが描かれています。 …
  8. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  9. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  10. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る