死を意識してライフプランを再構築しませんか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

人生で唯一と言っても良い必ず起こる「死」

「死は忌み嫌うべきもの」・・・という刷り込みが幼い頃からされてきたせいか、人は普段なかなか死を意識することは少ないと思います。

まだ自分の身に起り得るリスクが低く、実感を覚えにくいこともそうさせる要因の一つかもしれません。

たとえ身の周りの人が亡くなる事があっても、それでも不思議とまだ自分事(もしかしたら次は自分の番)として捉えることはせず、どこか他人事のように感じてしまうのが一般的のようです。

私は15年前に妻を亡くし、3年前に実母を亡くし、2か月前に実父を亡くしました。

それまで言葉を発して会話をしていた人がある日を境にもうそれができなくなる・・・顔を見ることも触れることもできなくなる・・・というのは何とも例えようのない不憫さを感じさせます。

私自身のこともとっくの昔から考えています。

いつ自分が死を迎えるかは誰にもわかりませんが、いつその日を迎えたとしても悔いのないように生き、後に残された人に迷惑をかけず、そっと去っていきたいと思って生きています。

真の意味で死に対する覚悟があるか?・・・と聞かれれば、まだそこまでの覚悟は乏しいかもしれませんが、少なくとも「意識」だけは持っています。

自分はあと何年生きられるか?

自分にもしもの事があった時、家族は困らないか?

・・・などと考えてみることは大切です。

家族が困るのは特に「経済面」においてです。

日々の生活をしのぐお金が無かったら困りますし、子どもがまだ義務教育の年齢だとしたらその養育費、教育費はどうやって捻出するか?という問題が発生します。

貯蓄や保険や収入源を確保できていればまだしも、それらが不十分だとしたら残された家族が苦労します。

そうした準備をしておくところに自分自身の矜持(きょうじ)と責任がありますし、一家の大黒柱としての役割の一端があると思います。

家族を幸せにする意識を持つことは重要です。

普段どんなに優しいお父さんであっても何の準備もしないで家族に苦労や迷惑を残すようではあまり良いお父さんとは言えません。

大黒柱の役割と責任として、残された家族に金銭面・経済的な苦労をかけさせない・・・という意識を持つことは大事だと思います。

まだまだ時間はあります。

じっくり勉強して、稼ぐために必要な基礎的な経験を積み、極端なことを言うと今年の収益なんか無視してこの先10年、20年の人生のためにライフプランとマネープランを再構築して自分にできることを本気でやっていくと良いと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  2. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  3. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  4. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  5. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  6. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  7. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  8. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  9. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  10. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る