お金を損切りして、人を縁切りするのも必要

以前に人から聞いた話ですが、こんなお金の貸し借りの話があります。

ある高校生が中学の同級生とコンサートに行き、そのときに「財布を忘れたのでお金を貸してほしい」と言われて1万円を貸したそうです。

ところがその後すぐに返してくれなかったため、仕方なく催促したところ「今持ち合わせが1千円しかないから後で返す・・・」とかわされ、その後待っていたけど、やはり返してくれる連絡がない・・・と。

終いには「借りたことすら覚えていないフリ」をされたそうで、いよいよもって回収不能の線が濃くなったそうです。

こうした状況になったらどうすれば良いか?

どのように考えて行動すれば「自分の人生を好転させていく」ことができるか?

こうした場合に、一番精神的にスッキリして良いやり方はサッサと「損切り」をして、同時に「縁切り」をすることだと思います。

昔からよく言われることですが、「お金を貸すときは貸したお金は返ってこないと思って貸しなさい」・・・というのはけだし名言だと思います。

お金を持っていない相手や最初から返す気のない相手に「お金を返せ!」と迫ったところで、時間がかかりますし、無理なものは無理です。

相手をコントロールすることはできませんし、「お金を貸した」という過去は変えられません。

できるのは自分をコントロールすることですし、「お金を取り戻そうとしない」という未来にすることはできます。

あいつは貸したお金を返してくれない・・・と、心の中で嫌な思いを抱え続けることは負の感情を持ち続けることになり、精神的に大きな悪影響を及ぼします。

傷口をふさがないで開けっぱなしにしておくのは自分にとって損害ですから、「もういいや」と諦めてしまうほうがベターです。

そうすると「捨てる神あれば拾う神あり」ではないにしても、自分の金運は暗転せず、むしろその埋め合わせをするがごとくどこかで好転していく可能性大だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

ビジネスをする過程でも、こうした確信犯的に「お金を返そうとしない輩」はいるものです。

あるいは、ビジネスで想定していた収益に至らず、予定していたリターンが得られないときは少なからずあるものです。

そうした場合、すなわち相手の態度や状況を見て「回収困難だと判断」したときは、もうそれ以上追いかけることに労力を割かず、あっさりと「損切り」をするほうがその後のビジネスや自分の金運を好転させやすいと思います。

損することを諦めきれず、何とか回収しよう/元を取ろう・・・と奮闘して貴重な時間を費やすよりも、「縁を切る」という伝家の宝刀を使ってなかったことにするほうが得策だと思います。

貸したお金を回収する時間を考えたら、サッサと「損切り」して、そのお金で時間を買ったと思うほうが精神的にも現実的にも得になると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  2. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  3. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  4. 2017-9-3

    寝る前に明日やるべき仕事を6つ書き起こすべし!

    アメリカのある会社の社長が、どうすればもっと会社を発展させれるだろうか・・・と考えて、ある経営コンサ…
  5. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  6. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  7. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  8. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  9. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  10. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る