スポーツ選手の引退後を分ける大きな違いとは?

プロスポーツ選手が現役選手として活躍できる期間は、一般のサラリーマンと比べればはるかに短い期間です。

一般のサラリーマンだと定年退職まで約43年間ありますが、プロスポーツ選手はよくて20年くらいなものです。

サラリーマンの半分以下です。

そうしたとき、現役を退いた後のスポーツ選手はそのままそのスポーツ業界に居留まって仕事をするか、まったく異なる業界に転出して働くかに分かれます。

ところが、中にはどこにも行くことができないまま、なんとなくブラブラとして中途半端な生き方に甘んじていく人もいます。

これらを分ける差は何か?

それはその人からそのスポーツをとった後に何が残るか?・・・の差だと思います。

つまり、「その人 - そのスポーツ」に残るものがあるかどうか??? ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのスポーツ業界に残れる人と残れない人を分けるのは次の事柄が関係していると思います。

そのスポーツを通して「そのスポーツを単に教わった」だけなのか、それとも「そのスポーツでいろんなことを教わってきたのか」という違いです。

単にそのスポーツをしていただけでは、人生の機微や克己心や人間力は身につきません。

精神年齢が子どものまま、体だけが大きくなった、歳だけとった・・・という感じです。

スポーツをすることも大事ですが、もっと重要なのはそこから「人としての生き方や生きる道を学ぶ」ことのほうにあると思います。

清原和博被告は、かつて現役引退直後のテレビインタビューで、「引退してからバットを振っていない・・・朝起きて何をしたらいいのかわからない、今まで野球ばっかりだったので・・・」といったことを言っていたそうです。

まさに「野球をしていただけ」で「自分磨きをしてこなかった」のだと思います。

そして、まったく同じことが一般のサラリーマンにも言えます。

サラリーマンが定年退職をした後にいきなり燃え尽き症候群になってしまうのは、それまでただ「仕事をしていただけ」であって、仕事を通して「自分磨きをしてこなかった」から・・・だと思います。

「会社内での仕事のやり方を学んだ」かもしれませんが、「仕事を通して人生を学ばなかった」ということに原因があると思います。

サラリーマンはビジネスマンとなって、仕事・働くことから学びを得ることが大事ですし、リーダーの立場にある人は部下に「仕事を教える」のではなく「仕事で教える」ことが重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  2. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  3. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  4. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  5. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  6. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  7. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  8. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  9. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  10. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る