高畑裕太事件/親の責任どこまで?

強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)に関して、母で女優の高畑淳子(61)さんが謝罪会見を行ったのは記憶に新しいですが、芸能界ではこうやって子どもが起こした不祥事に対して親が責任を取る・・・ということがありがちです。

もちろん責任を取らない親芸能人もいると思いますし、「事件を起こした子どもが芸能人で親は芸能人でない」というパターンもあります。

いつも思うのは、そうした時の線引き・・・
つまり親が責任を被るのはどこまでが適切なのか?
・・・ということです。

また、今回の例とは逆に芸能人の親が事件を起こすケースだってありますから、そうしたとき芸能人である子どものほうはどこまで責任を負うのか?・・・という疑問もあります。

いろんな意見があると思いますが、私は親子が芸能人と呼ばれる人であるかどうかに関係なく、こんなふうに思っています。

1.家計を一にしているなら互いに責任を負う(強)

→「家計を一にしている」というのは、社会保険上の扶養関係になっているかどうか、で判断

2.住民票が同じであれば互いに責任を負う(中)

→扶養関係になっていなくても住民票が同じであれば責任は生じる

3.本籍が同じであれば互いに責任を負う(弱)

→住民票は別であっても本籍が同じであれば何らかの責任を負う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企業内でも、社員の不祥事は起きてしまうものです。

そのときに、誰がその責任を負うか? を明確にしておくことは大事です。

一般的に「部下の不始末は上司がその責任を負う」ということまでは理解・認知されていると思います。

ここで大事なのは、「では上司とは?」という概念・定義です。

上司とは人事権もしくは指揮命令権を持つ立場の人です。

つまり、同じ会社内であっても人事権や指揮命令権を持たない人は上司ではありません。

商品開発部の社員が問題を起こしても、営業部門の部長が直接的に責任を負うことはないわけです。

営業部門の部長は、自分が直接指揮命令する営業部門の副部長や課長などについて責任を負います。

また、直接指揮命令していなくてもそれぞれの副部長や課長が指揮命令している部下については、タテの関係で人事権を持っていますからやはり責任を負います。

社長は会社全体の社員に対して人事権を持っているので、どこに所属する社員であっても、もし悪さをしたときは責任を負う必要があります。

企業では、そうやってルールを明確にしておくことが「組織力発揮=グループダイナミックスを発揮」するために必要です。

・・・とまあ、ここまでは論理的に責任を負う範囲をあらかじめ想定しておくことの大切さを言いましたが、現実社会では加えて「道義的責任」を考慮することも必要です。

道義的責任は「論理」を超えて「倫理」の次元で考える必要があります。

いずれにしても、責任の裏返しの言葉は「権限」ですから、

当事者に対して何らかの権限を有している以上は何らかの責任をも有する・・・

何ら権限を有していないなら責任は無い・・・

と考えることが筋だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  2. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  3. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  4. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  5. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  6. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  7. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  8. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  9. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  10. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る