確実に実行するにはどうすればいいか?

何かに興味をもってふっと自分もやってみたいなあ(行ってみたいなあ)・・・と思ったときがその事のスタートです。

何事も好奇心を抱いたとき、興味関心を持ったときが肝心ですね。

実際にやってみないと(行ってみないと)本当のところはわからないものですし、実体験して初めて面白い/面白くない、自分のためになる/ならない、ということがわかります。

一歩踏み出して「まずはやってみる」・・・これが大事ですね。

そのときにやり方がわからなければ、わかる人に聞いてみるとか、わかる人が近くにいなければ誰でもいいから自分よりもわかっていそうな人に聞いてみる・・・そうした一歩を踏み出すことが大事だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

その一歩を踏み出そうと思ったときに、大事にしたいことが一つあります。

それは、それを確実に行動へ移すためにも必ず「期限を設ける」ことです。

人は期限があると締め切り日を意識してどこかで行動に移そうとします。

逆に言うと期限がないとなかなか予定に組み込みまず、いつの間にか消えていきます。

私の例で言えば、昨年海外クルーズでエジプト・ピラミッドへ行く予定だったのが、現地情勢の治安悪化のために急きょ予定変更となって行けなくなりました。

そこで、帰国後治安が良くなれば今年中には行こうと決めました。

ピラミッド(エジプト)を見たいと思ったらいつかピラミッドに行こう!・・・とするよりも2016年12月31日までにピラミッドへ行くぞ!と期限を設けること・・・がコツだということです。

期限があると、行動スケジュールを間接的に管理できます。

目標設定は期限があるからこそ目標たりえます。

期限なき目標は、目標ではなく 「夢」の段階です。

■参考:過去ブログ

『夢の3段階(願望 → 夢 → 目標)』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11080713571.html

『目標と現状をつなぐ橋渡しが「行動力」です』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11398719898.html

そこまで大げさなものでなくても普段の生活の中で常に「期限を設ける」ことを習慣化しておくと、その人は充実した毎日を過ごしやすくなると思います。

やった後悔より、やらない後悔のほうが大きいですから「やるためにはどうすればいいか?」と考えて、そのためにも自分の行動に約束をする=期限を設ける、という発想が大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  2. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  3. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  4. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  5. 2021-5-27

    年会費の位置づけ

    世の中にはいろんな「会員制度」があって、身近なところではスーパーや美容院や飲食店などがあります。 …
  6. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  7. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  8. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  9. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  10. 2017-8-3

    ○○歳のときにやっておくべき△個のこと

    人間の年齢を数えるときに1歳はひとつ、2歳はふたつ、3歳はみっつ・・・と数えていきますが、10歳では…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る