「未来のための計画」を立てていますか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

受け身の姿勢よりも能動的な姿勢のほうが人生はより充実したモノになります。

 

受け身の姿勢だと、結局「言われたことしかやらない/自分の頭で考えない/悪い結果は他人のせいにする」という生き方になります。

 

これを続けていると惰性で日々を生きてしまいます。

 

「やらされている生き方」から早く脱却して、「自分の意思で計画を立てて行動する生き方」にもっていくことが大事です。

 

そして、計画を立てたら次に考えるべきことは、その計画が「今日のための計画」なのか、「未来のための計画」なのかを意識するということです。

 

「今日のための計画」とは、今日やらなければならないことで行動の成果を今日受け取れる・・・といった類の計画です。

 

「未来のための計画」とは、今日やったことが未来のどこかでどんな形で返って来るのか分からないし、そもそも受け取れるかどうかもわからない・・・といった類の計画です。

 

返礼品が明確でないと多くの人は敬遠したくなるかもしれませんが、自分の頭では理解できない/自分の肉眼では見ることができない・・・というだけで、実はこっちのほうが重要だと思います。

 

サラリーマンは、前者の「今日のための計画」は熱心に取り組みます(やらざるを得ないから)。

しかし人生に効いてくるのは、後者の「未来のための計画」のほうです。

 

「未来のための計画」が自分の未来を作るのですから当然と言えば当然・・・です。

 

だから1日の中でこの「未来のための計画」にどれくらいの時間を割いているかが大事になってきます。

 

まったくやっていない=ゼロ時間ゼロ分・・・という人はちょっとヤバイです。

 

ビジネスマンは何だかんだと言いながらもそうした時間をけっこう取っています。

 

自分の未来/人生は自分で切り拓く・・・という意識をもっているからです。

 

「日々受け身の姿勢で流されて生きている人」にはなかなかできなことかもしれませんが、早い段階でその姿勢を改めておかないと人生半ば~後半で辛い道を歩むことになるかもしれません。

 

やったこと/行動したことの成果なり結果なりがすぐに手にらないと人はとかく無意味でムダな時間を使ったんじゃないかと不安になりがちですが、そのワナに嵌らないことが大切です。

 

すぐに目に見える結果を求めない・・・とあらかじめ心に決めておけば良いだけです。

 

「こんなことをやり続けて何になるんだ?」という思いもご法度です。

 

むしろ何になるか分からないことにワクワクドキドキするくらいの好奇心・冒険心を持ちたいところです。

 

「今日のための計画」と「未来のための計画」を使い分け、後者のほうをより重要視して組み立てる意識を持つと良いと思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  2. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  3. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  4. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  5. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  6. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  7. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  8. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  9. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  10. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る