株式投資家「竹田和平さん」の重要な提言

かつて多くの上場企業の大株主に名を連ね、四季報でもよくその名が掲載され、日本一の個人投資家として知られていた方がいます。

その人の名は「竹田和平さん」です。

「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の創設者の方です。

竹田さんは昨年(2016年)7月に83歳でお亡くなりになりました。

そんな竹田さんがずっと危惧されていたことが「日本の財政破綻問題」です。

竹田さんの生前の言葉にこんなのがあります。

「お金持ちの人は政府にお金を吸い取られるんで、ますます嫌な世の中が来ると思いますよ。

いいですか、お金は幻なんです・・・

政府の方針次第でお金は、あっという間になくなるんですから。

日本も戦後ハイパーインフレで、物価は100倍になり、新円に切り替わって預金封鎖が起こったんです。

その後、財産税で最大90%は政府に持っていかれたんですよ。

庭木や石も財産だといって税金を持っていかれると言うんで大騒動になりましたね。

何が言いたいかというと、日本は緩やかに国力を失って、政治体制は社会主義に走っているんじゃないでしょうか?・・・ということです。

みんなが平等を唱える社会主義というものの実現は、旧制ドイツやソビエト連邦の崩壊などをとっても上手くいかないことは明白なんです。

平等、平等と言っているうちに福祉財源の赤字は積み重なって、国力は緩やかに落ちていきます。

経済の原理というのは、自由市場主義の原理が働いているからこそ成り立つんです。

あなた達は何を信じているんですか。

自分より他に本当に信頼できるものはあるんでしょうか。

国はあなた方の人生の責任をとってはくれませんよ。

今、歴史の引き返せないターニングポイントというのが迫っているかもしれないですよ・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国を当てにせず、自分を当てにしなさい・・・といったことをおっしゃっているのだと思います。

危惧されていた財政破綻問題は幸いまだ具現化していませんが、それでも潜在化している過程の中で日々くすぶっています。

いつ表面化するか誰にもわかりません。

大事なのは自己責任の元で、各人が自立した生き方を模索して、実践していくことだと思います。

2017年の後半スタートに当たり、改めて自分の経済的自立度を確認して、道を正していくことは大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  2. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  3. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  4. 2019-11-12

    現役時代に「投資」の経験をしてリスクを下げておこう

    人は「経験したことには耐性を持てる」ことが多く、2回目以降は「初めて」のときほどは怖くはなくなるもの…
  5. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  6. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  7. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  8. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  9. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  10. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る