キレイな刺繍(ししゅう)の裏側

南極大陸はそもそも人が訪れる場所ではない・・・と思っていましたが、最近では旅行客がたくさん訪れているようです。

南極洋には氷山がたくさんありますが、水面上に見える氷山は小さな氷の塊(かたまり)でも、その水面下には何倍もの大きさの氷山がある・・・と言われます。

また、ハクチョウが優雅に泳ぐその裏側では、水面下で一生懸命に足をもがいて、ばたつかせている・・・と言われます。

こうした話は、表面的には簡単・ラクそうに見えても人の見ていないところで努力をしているものだ・・・というたとえでよく使われます。

たとえば刺繍(ししゅう)というのも、見れば単純にキレイだなあ!スゴイ!と思います。

ところが、見た目はすばらしい絵の刺繍で綺麗であっても、その裏生地はわけのわからない糸の集まり状態です。

裏生地をパッと見たら何が何だかわからないぐちゃぐちゃの糸の状態です。

つまり、表面ではキレイな刺繍の絵でも、その裏側では懸命な努力がなされているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表と裏の両方をもって本質に近づきます。

片側だけでは、所詮片側だけです。

表では見えなかったことが裏側から見ると見えてきたり、その逆のパターンもあります。

たとえば、1枚の新聞紙を切り刻んでバラバラのパズルにします。

それを元の1枚の紙面に戻すように子どもに問題を出すとします。

幼い子どもだと文字なんて読めませんし、読めたとしてもバラバラの新聞紙片を元通りにすることは至難のワザです。

ところが、ある子は見事にパズルを完成させ紙面を復活させた!

さて、どうやったのか?

新聞紙の文字の面を見てパズルを解いたのではなくて、反対の面から新聞紙を眺めることで解いた・・・。

その紙面の反対側にはモデルの人が大きく写っている広告だったので、その子はその絵(写真)の記憶を頼りにパズルを完成させた・・・というわけです。

表では細かい文字の羅列でも、裏では大きな画像だったために幼い子でも元通りにできたという話です。

物事は、表面的なキレイさ・華やかさに惑わされるのも良くないし、あるいは複雑に見えるからと投げ出したりしてもいけないし、視点を変え見方を変えることで本質的にとらえることが大切ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  2. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  3. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  4. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  5. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  6. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  7. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  8. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  9. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  10. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る