キレイな刺繍(ししゅう)の裏側

南極大陸はそもそも人が訪れる場所ではない・・・と思っていましたが、最近では旅行客がたくさん訪れているようです。

南極洋には氷山がたくさんありますが、水面上に見える氷山は小さな氷の塊(かたまり)でも、その水面下には何倍もの大きさの氷山がある・・・と言われます。

また、ハクチョウが優雅に泳ぐその裏側では、水面下で一生懸命に足をもがいて、ばたつかせている・・・と言われます。

こうした話は、表面的には簡単・ラクそうに見えても人の見ていないところで努力をしているものだ・・・というたとえでよく使われます。

たとえば刺繍(ししゅう)というのも、見れば単純にキレイだなあ!スゴイ!と思います。

ところが、見た目はすばらしい絵の刺繍で綺麗であっても、その裏生地はわけのわからない糸の集まり状態です。

裏生地をパッと見たら何が何だかわからないぐちゃぐちゃの糸の状態です。

つまり、表面ではキレイな刺繍の絵でも、その裏側では懸命な努力がなされているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表と裏の両方をもって本質に近づきます。

片側だけでは、所詮片側だけです。

表では見えなかったことが裏側から見ると見えてきたり、その逆のパターンもあります。

たとえば、1枚の新聞紙を切り刻んでバラバラのパズルにします。

それを元の1枚の紙面に戻すように子どもに問題を出すとします。

幼い子どもだと文字なんて読めませんし、読めたとしてもバラバラの新聞紙片を元通りにすることは至難のワザです。

ところが、ある子は見事にパズルを完成させ紙面を復活させた!

さて、どうやったのか?

新聞紙の文字の面を見てパズルを解いたのではなくて、反対の面から新聞紙を眺めることで解いた・・・。

その紙面の反対側にはモデルの人が大きく写っている広告だったので、その子はその絵(写真)の記憶を頼りにパズルを完成させた・・・というわけです。

表では細かい文字の羅列でも、裏では大きな画像だったために幼い子でも元通りにできたという話です。

物事は、表面的なキレイさ・華やかさに惑わされるのも良くないし、あるいは複雑に見えるからと投げ出したりしてもいけないし、視点を変え見方を変えることで本質的にとらえることが大切ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  2. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…
  3. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  4. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  5. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  6. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  7. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  8. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  9. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  10. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る