私たちは完全に「定価」に慣れきっていますが・・・

東京・銀座のすし屋に行くと必ず思うのは、「おまかせ」というメニュー(品書き)があるお店は高級店・一流店と呼ばれるお店が多いなあ・・・ということです。

「おまかせ」というのは、単に「日によってメニューが違うけどその日に来た人たちにとっては基本的に同じメニュー」・・・というわけではありません。

「おまかせ」というのは、「人(お客)によってメニューが違う」というものです。

したがって、同じ日に来店したお客さまであっても、こっちのお客さまはこういう嗜好だからメニューはこうしてお代は1万円、あっちのお客さまはちょっと体調がすぐれなさそうなのでこういうメニューが合うだろうから、お代は5千円・・・といったように、その「人(お客)」に合わせて変わるものです。

お店によっては「あまかせ・・・○○円」という表示をしているところもありますが、本当の意味での「おまかせ」は価格も非表示で、お客のほうから「○○円でおまかせします」と言えるようなものだと思います。

そうした「画一的でないサービス」を提供するのが「おまかせメニュー」であり、それができるからこそ一流と呼ばれるお店に多い(←お客さまの様子や会話から要望をキチンと把握できないと提供できないため)のだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おまかせメニュー」というのは、すなわち「定価がない」ということでもあります。

逆に「定価だらけ」という路線で商売をしているのが大衆店だと思います。

考えてみれば、日本という国はほとんどのお店で「定価(売価)」が決まっていて、買う側として見れば安心して買えるというメリットもありますが、交渉して値引いて買うという文化が途絶えてしまった温床でもあるかもしれません。

外国へ行くと、不便なことに定価が表示されていないお店が多く、その商品の価値を自分で判断して自分なりの買いたい価格(買ってもいい価格)で交渉をすることが求められます。

文化の違いではありますが、商品の価値を自分の目で見定め、モノの本質を見抜く・・・という意味では良い訓練になります。

とにかく「定価」がない国では、買い物する度に「交渉」が必要で(まあ、言い値どおりで買えば交渉は不要ですが…)、面倒と言えば面倒です。

でも、そこで店員さんとコミュニケーションをとる楽しみがあり、日本とは違った買い物の楽しみ方があります。

日本人は、買い物をするとき売り手側の出す価格に対してほとんど無防備です。

定価を信じ、言われるがままにお金を支払います。

一種の「信用と信頼」がそこにあるからこそ成り立っているわけで、そういう意味では日本はすばらしく安心安全なのだと改めて思います。

ただし、1年のうちで数回は「おまかせ」でしか頼めないようなお店でお金を支払ってみる経験を積むことも大切なのではないかな?・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  2. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  3. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  4. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  5. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  6. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  7. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  8. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  9. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  10. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る