高確率(王道)で目指すか、低確率(例外)で目指すか?!

「何か」を目指すとき、いろいろなパターンの道があります。

 

たとえば「経済的に自由な状態になる」ことを目指すとき、

1.サラリーマンとして出世して幹部になる

2.独立起業して経営者になる

3.金融投資を積極的に行なう

4.自己研鑽してスキルアップする

・・・などといった道がいくつも存在しています。

 

私は、上記4つのパターンのすべてを肯定していますが、中にはそのどれをも否定して「出世しなくても経済的自由な状態にある人がいる/独立しなくても経済的自由な人は世の中にいくらでもいる/金融投資をしなくても経済的自由な人はいる/自己研鑽などしなくても経済的自由な人はいる」・・・と宣(のたま)う人がいるかもしれません。

 

確かに、世の中には高額宝くじが当選して大金持ちになった人とか、親からの莫大な遺産を相続して大金持ちになった人などもいると思いますが、そういう人はいわゆる少数派/例外パターンの人です。

物事は完全完璧100%ということはなく、どんなことにも些少ながらの例外等は存在しているものですから、上記4つのパターンを経ていなくても「経済的自由な状態にある」という人は確かに存在していると思いますが大事なのは「確率・可能性の高さ」です。

どちらがより高確率で目指す目標に早く到達できるか?・・・ということです。

 

・・・・・・・・・・・・・

たとえば、東京大学に合格した現役高校3年生は毎日7時間以上勉強していた・・・と仮定したとき、中には7時間も勉強しなくたって合格した人はいる!・・・と反論する人がいるかもしれません。

 

それは確かにそのとおりかもしれませんが、でも、それができる人はわずかです。

 

大事なのはどちらが確率的に実現可能性が高いか?・・・ということです。

 

高確率の道を選ぶほうがベターだと思います。

 

低確率の道を選んでそのとおりにうまくいく人というのは、「他の人が有していない何か」を持っているからこそ実現できるのだと思います。

 

例外に焦点を当てて、その例外パターンが自分に当てはまると思い込むのはキケンです。

 

例外というのは多くの人には手が届かない実現パターンです。

 

預金金利のように少ない数字です。

 

そんな0.001%程度の例外の数字を掛け合わせていくと、どんどん0(ゼロ)に近づいて、ますます実現できる確率が下がっていきます。

 

「何か」を目指すのであれば、まずは王道を行くことが大事で、その「何か」になれる確率の高い選択肢を選び実践することが重要です。

 

いつまで経っても何も実現できない(目標達成できない)ような人というのは、傾向として「ラク」を選択するクセがあります。

 

適切という観点で選ぼうとせず、自分がやりたいという観点だけで道を選び、しかもそれは「ラク」という基準で探しているので実現確率はかなり低い道であることが多いと言えます。

 

そして、その行動を選んだ理由を後付けして自分に都合のように無理やりに後講釈をつけてするのですが納得しようとしますが、これは典型的な失敗パターンです。

 

低確率を掛け合わせると0(ゼロ)に限りなく近づいていく・・・ということを忘れずに、物事は高確率の道をまずは選択することが大事だと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  2. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  3. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  4. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  5. 2017-10-21

    選挙で当選させてあげたい人

    明日(2017年10月22日)はいよいよ総選挙ですね。 衆議院選挙は全員の選挙なので「総選挙」…
  6. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  7. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  8. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  9. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  10. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る