英語を話せるということ

英語をしゃべれるのは「日本語をしゃべれます」というのと大差ありません。

なぜなら、英語も日本語もただの言語の一つだからです。

その言語が使われている国、圏内にいけばほとんどの人は話せるようになります。

日本語がしゃべれるからと言って誰でも東大に合格できるわけではないし、誰でも国家資格をとれるわけでもないように、英語がしゃべれるといっても別に英語で高度な専門知識があることにはなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学生などでよくカン違いしがちなのが、学校の授業でちょっと英語の成績が良いからといって「英語に興味がありますので、将来は英語を使える職場で働きたいと思います」という言い方をする人です。

一見、まともなことを言っているように聞こえますが、よくよく考えると危険な落とし穴があります。

本当に「英語に興味がある」人というのは、「英語という言語」に興味があって、言語学として文法や言葉の成立ちなどを深く追究していこうという人です。

そうではなくて、ただ単に「英語を使う職場」・・・くらいに軽く考えていると、後で痛い目に遭います。

日常の「しゃべり」と英語を使って専門的な分野で活躍をするということは別物です。

日本語を「しゃべる」ことと、日本語を駆使して高度なビジネススキルを発揮することとは違うのと同じです。

そのときの「日本語」はただの伝達するための道具であって、重要なのはスキルや知識など別のところにあります。

仕事に就いて英語でお金を稼ぐということと、英語をしゃべれるということは、あまり関係のないことだと思います。

アメリカに行けば、そこに住んでいるほとんど全員が「英語を話せる人」です。

逆にアメリカ人からみれば「日本語がしゃべれる人はスゴイ!」と思えても、そんなのは日本に来ればほぼ全員が日本語をしゃべれるようなものです。

日本語がしゃべれるからと言って優秀なビジネスマンとは限らないのと同じで、英語がしゃべれるからといって優秀なビジネスマンとは限りません。

英語は単なるツールですね。

仕事で英語を使うことは、結局のところ英語でどんな専門性やスキルを発揮できるか?!にかかっていると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  2. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  3. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  4. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  5. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  6. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  7. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  8. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  9. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  10. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る