セネカの言葉

セネカとは、ローマ時代の政治家・思想家で、かの暴君ネロの家庭教師でもあった人です。

彼の言葉にこんなのがあります。

「とかく人生は短いと言われるが、人生が短いのではなく、われわれ自身が短くしているだけなのだ。
人生の使い方を知れば長い。

だが世の中には飽くことを知らない貪欲に囚われている者もいる。
多くの者は他人の運命のために努力したり、自分の運命を嘆くことに意識を向けている」

つまり、人生の貴重な時間を飽くことのない欲望のために追いまくられたり、ひたすら快楽に溺れたり、あるいは自分のためではなく他人の運命に翻弄されているから人生は短く思えてしまう・・・

結局自分で自分の人生を短くしてしているのだ、という意味だと思います。

また、そうすることはセネカに言わせれば「人生ではなく単なる時間つぶし」であり、これではいつまで経っても心の平安はありえないと言っているわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

セネカは、「〇歳になったら△△を始めたい」と言う人にこう言っています。

「お尋ねしたいが、その年齢まで長生きする保証はあるのですか?

生きることを止めるような年齢になってから新たに生きることを始めるのでは時すでに遅し!ではないですか?

自分の人生に取り掛かるのを先延ばししてやろうとは人間の可死性を忘れていませんか?」と。

60歳になったら・・・65歳で退職したら・・・△△をやろう!と言っているような人にはちょっと耳の痛い言葉かもしれません。

人生、いつでも「これからの人生において今が一番若いとき」です。

夢を先延ばしにするのはもったいないことです。

人は、いつでも思い立ったときに自分の人生の軌道修正をすることができます。

「思い立ったが吉日」であればそれ以外の日はすべて凶日です。

ただ仕事のみに追いまくられ、上司に言われたくもない小言をいつも言われて耐え忍ぶよりも、自分のやりたいことをやりたいときにやりたいだけできるような生き方をするほうが充実すると思います。

無念! ・・・と後から言うことがないように、今を大切にして、未来も大切にして生きることのほうが得策だと思います。

それには、まず「多忙から解放される」ことが必要です。

自分の時間をつくる・・・自分一人でいろいろなことを考える時間をつくることが大事でしょうね。

夏休みはそうした時間をつくるのにかっこうの時期だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-5

    不動産投資で焦って物件を購入するのはNG

    先日、ある不動産物件を紹介されて見に行ってきました。 残念ながら私の投資基準に合致するものでは…
  2. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  3. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  4. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  5. 2018-1-1

    ダイヤモンドの原石は磨かれてキレイになります

    ダイヤモンドを原石レベルから皆がよく知っている「ダイヤモンド」にするためには「磨く」という行為が必要…
  6. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  7. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  8. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  9. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  10. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る