セネカの言葉

セネカとは、ローマ時代の政治家・思想家で、かの暴君ネロの家庭教師でもあった人です。

彼の言葉にこんなのがあります。

「とかく人生は短いと言われるが、人生が短いのではなく、われわれ自身が短くしているだけなのだ。
人生の使い方を知れば長い。

だが世の中には飽くことを知らない貪欲に囚われている者もいる。
多くの者は他人の運命のために努力したり、自分の運命を嘆くことに意識を向けている」

つまり、人生の貴重な時間を飽くことのない欲望のために追いまくられたり、ひたすら快楽に溺れたり、あるいは自分のためではなく他人の運命に翻弄されているから人生は短く思えてしまう・・・

結局自分で自分の人生を短くしてしているのだ、という意味だと思います。

また、そうすることはセネカに言わせれば「人生ではなく単なる時間つぶし」であり、これではいつまで経っても心の平安はありえないと言っているわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

セネカは、「〇歳になったら△△を始めたい」と言う人にこう言っています。

「お尋ねしたいが、その年齢まで長生きする保証はあるのですか?

生きることを止めるような年齢になってから新たに生きることを始めるのでは時すでに遅し!ではないですか?

自分の人生に取り掛かるのを先延ばししてやろうとは人間の可死性を忘れていませんか?」と。

60歳になったら・・・65歳で退職したら・・・△△をやろう!と言っているような人にはちょっと耳の痛い言葉かもしれません。

人生、いつでも「これからの人生において今が一番若いとき」です。

夢を先延ばしにするのはもったいないことです。

人は、いつでも思い立ったときに自分の人生の軌道修正をすることができます。

「思い立ったが吉日」であればそれ以外の日はすべて凶日です。

ただ仕事のみに追いまくられ、上司に言われたくもない小言をいつも言われて耐え忍ぶよりも、自分のやりたいことをやりたいときにやりたいだけできるような生き方をするほうが充実すると思います。

無念! ・・・と後から言うことがないように、今を大切にして、未来も大切にして生きることのほうが得策だと思います。

それには、まず「多忙から解放される」ことが必要です。

自分の時間をつくる・・・自分一人でいろいろなことを考える時間をつくることが大事でしょうね。

夏休みはそうした時間をつくるのにかっこうの時期だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  2. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  3. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  4. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  5. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  6. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  7. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  8. 2018-8-19

    減点主義よりも加点主義の方針が良い!

    ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運…
  9. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  10. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る