新国立競技場は・・・ホワイトエレファント?

人は、言葉の表現から意味を理解し、それが自分の中で既に持っている知識などと複雑に絡み合って感情を誘発・作動させます。

たとえば「バンクホリデー」と言ったとき、「バンク(=銀行)」と「ホリデー(=休暇)」という知識でこの言葉の意味を理解する人はそれなりに多いと思います。

したがって「バンクホリデー」と言ってものどかな響きにしか感じられません。

ところが、この言葉の意味することは「銀行の休業」であり、政府が強制的に銀行業務をストップさせて一時的に閉鎖すること、です。

過激に言うなら「預金封鎖」です。

バンクホリデーと言わずに「預金封鎖」と言えば多くの人はビクッ!とすると思います。

言葉と感情の関係はその言葉にどんな意味をつけるかによって変わってくる点が面白いところでもあり、とても重要なことでもあると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ホワイトエレファント」を直訳すれば「白いゾウ」です。

普段あまり存在しない類のもので希少性や神秘性を感じますし、実際「白いゾウ」はタイで神聖視されているそうです。

ところが、英語圏で「ホワイト・エレファント」というと意味は変わってきて「もてあましもの/お荷物で困りもの」です。

由来はこうです。

その昔、タイである家臣が王様から白いゾウを賜りました。

家臣はさすがに最初は大切に扱って育てていたものの、そのうちに飼育費用がかさばるようになり、かと言って捨てるわけにも殺すわけにもいかず、そうこうしていくうちに自分の家計が破綻してしまった・・・と。

欧米などでホワイトエレファントと言えば、「金食い虫のもの」を皮肉っていう表現の一つだとされています。

一種の「財負債」ですね。

財負債というのは、保有していることによって入ってくるお金よりも出ていくお金のほうが多く、確かに財産の一種ではではあるものの負債になっている・・・という意味です。

そうした負の産物はできるだけ持たないことが大切ですし、また自分より後世に残さないことも大切です。

ダムや施設などで、これまでにそうした負の遺産になるものがよくニュースで話題になりますが、直近でも大きなニュースが喧(かまびす)しいです。

「カキのドロッとしたような」スタジアム?をホワイトエレファントにならないように考察し、正し糾していく姿勢がとても大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  2. 2017-7-13

    【人生設計】サラリーマンこそ「投資」に踏み出そう!

    サラリーマンが自分の収入を増やそうと思ったら、残業をしたり休日出勤をしたりして自分の時間を犠牲にする…
  3. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  4. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …
  5. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  6. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  7. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  8. 2019-8-23

    元・銀行員…がお金のプロとは限らない

    インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・…
  9. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  10. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る