投資/資産運用でお金を稼ぐのはいけないことなのか?

「お金はコツコツ真面目に働いて得るのが良くて、投資とかでラクして稼ごうと思ってはいけない・・・」という価値観の人は、まだ、それなりにいるかもしれません。

年配者に多いような気がします。

この考え方の前提にあるのは「コツコツ働いてお金を得ること」は善であり、「お金を運用してお金を増やすこと」は悪である・・・という思い込みです。

若い人の中には「お金に色はついていない/自分が働いて得るお金も、お金自身が働いて得るお金も、お金としては同じ」・・・という考え方ができる人が徐々に増えてきていると思います。

両者には見解の相違があり、価値観としては衝突しているかもしれません。

思うに、育ってきた時代背景や家庭環境や教育・躾の違いがそうした見解の相違を招いているのだと思います。

「これまで良かったこと」が、ある時を境に「良くないこと」になる場合もあれば、逆に、「これまで良くなかったこと」がある時から「良いこと」に変わる場合もあります。

時代は常に変化していて、また、生活環境は自分が住んでいる町(村)から、地区(市)や都道府県に広がり、いまでは日本国、そして全世界へと大きく広がりを見せています。

テレビがなかった時代とは違って、テレビををつければ即座にいろんなニュース・情報が流れてくる時代ですし、インターネットを活用すれば世界中どこにいても世界中のどこの人とでも交流を持つことができる時代です。

人々の発想も、従前のモノから変えていくことが大切で、いつまでも古い考え方に囚われていてはいけないと思います。

コツコツ真面目に働くことも大事ですし、その一方で、自分のお金を運用してお金がお金を生み出すという発想を持ち、そうした仕組みを利用することも大事だと思います。

昔のように人の平均寿命が40歳~50歳だったころは、人に雇われれば「終身雇用」でほぼ死ぬ直前まで雇われて給料を保証してもらえたし、雇われないで自分で商売をしても生涯働きづめで収入を得るパターンでしたから、人々の倫理観としては「自分がコツコツ真面目に働いてお金を得る」ことだけが善だったと思います。

でも、今は定年が65歳で寿命が100歳というように、定年と寿命との間に大きな開きが生じている時代です。

だからこそ、人は知恵を絞って「自分だけが働く」という方法以外のお金の稼ぎ方がないか?と知恵を絞って考え抜き、編み出し、利用することを思いついたのだと思います。

「お金がお金を生み出す手法を用いて、自分の生活を守っていく」ことは、昨今のご時世では一つの「善」であり、むしろ積極的に為すべき手法だと思っています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  2. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  3. 2021-3-14

    経営改善/家計改善のセオリー

    コロナ禍によって多くの会社や家庭が経済的に苦しくなった・・・と言われています。 …
  4. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  5. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  6. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  7. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  8. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  9. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  10. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る