保証のない世界に慣れる

「保証」というのは人間社会の中だけで通用するルールであって、世の中には元来「保証」なんてものはありません。

 

「保証」があるときは、誰かの人為的拠り所があるときに限られます。

 

・・・・・・・・・

投資に関する商品には時折「保証」という言葉が出てきます。

 

それは一つの「約束事」で、人為的なルールに縛られた範囲内でのみ通用することです。

 

「元本保証・・・○%利回り保証・・・」などと人の射幸心を煽った表現が書かれているとき、そこで重要なのは、「その人・会社がどこまで信用するに値するか?」です。

 

「保証」に頼るマインドは投資の世界では捨てたほうが良いと思います。

 

「表に出されていない=隠された」リスクがきっと潜んでいるからです。

 

「保証」を欲しがるマインドを持っていると、それが足枷となって、多くの行動が制限されてしまいます。

 

「保証」を求めるがゆえに、逆に「保証がないと何もできなくなる」ようになって、成長から衰退へと転換してしまいます。

投資をするときや、資産を増やそうとするときは、このジレンマから抜け出すことが大事です。

 

保証を求めるマインドが強いと、たとえ自分の手元に「お金・時間・スキル・情報・知識・人脈」などがあっても、それを活かして大きく何かを成し遂げる選択肢を放棄してしまいます。

 

なぜなら、大きく成し遂げようとすれば、そこには必ず「レバレッジの原理」が必要となり、そのためにはそれに相当する「リスク」が必要となり、そのリスクを受け入れるには「保証」がないと動けない・・・でもどこにもそんな保証はない!・・・となるからです。

 

一言で言えば「保証がないと怖い/怖くて動けない」・・・となれば、結局何もできなくなるわけです。

「保証」にすがっていると、いつしか他人に自分の人生をもコントロールされるようになっていくかもしれません。

 

いつもいつも「保証」を求めるようになると、保証のないモノには決して手を出さない/近づこうとすらしなくなる・・・という狭い思考範囲・行動範囲になっていきます。

 

世の中に、元来「保証」なんてものは一切ない!・・・ということに気づき、勇気をもって「保証のないこと/保証のない次元の世界」に飛び出すことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  2. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  3. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  4. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  5. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  6. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…
  7. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  8. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  9. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  10. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る