この10年間で自分はどんな生き様をしてきたか?

どんな人も、人生ではいろんな買い物をします。

 

もちろん、そのときに「お金」が必要です。

 

お金があってもなくても「いつか買おう」と思ってその時には購入しないことがありますが、長い目で見たなら「どうせいずれ買うものならサッサと買ったほうがベター」かもしれません。

 

結局いつかは買うのであれば・・・という前提での話ですが、そうであれば今すぐサッサと買ってしまうほうが得策だということです。

 

どうせいずれ買うものなら・・・です。

 

人生ではそんなことのほうが多いような気がします。

 

なぜかというと、モノであればサッサと買って大切に使うほうが長く使えておトクです(長く使えば使うほど1年あたりの利用料は安くなる)し、サービスであればサッサと経験しておいたほうが後の人生に好影響を与えやすくなります。

先に経験して学べば、その知識を活かして人生の選択をより良き方向に変えられます。

早いに越したことがない・・・というのは多くの場合において言えることだと思います。

自分がこれまでの人生で、「どうせ買うものならサッサと買う」ことを意識してきたかどうか?

 

意識してこなかったなら、2022年以降はちょっとだけでも意識してみると良いかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・・

少し話は変わりますが、人は時に過去の自分がいつ、どんな状態にあったのか?を思い出し、今の状況と比較することで新たな気付きを得るということが往々にしてあります。

 

たとえば、10年前の今日、つまり2011年12月15日に自分は今頃どこで何をしていたのか?・・・とまずは思い返してみて、そのあとに今の自分の生活環境・状況と比べてみます。

 

人生は長いようで短い・・・とも言えますし、短いようで長い・・・とも言えます。

 

視点の支点をどこに置くかでどちらも正しい見方になります。

 

いずれにしても、後悔のない人生を歩むことが大事ですが、過去の自分と現在の自分を比べ、またそこから飛躍して未来の自分とを比べてみると(←これは想像の域を出ませんが)何か新しいことに気づけるかもしれません。

 

2011年の年末の時期・・・と言えば、私はまだ会社勤めをしていた頃で、2年前に妻を亡くし、上の子が大学生、下の子が中学生(受験生)だった時期です。

 

リタイアして暮らす今の私とはまったく別の環境にいたわけで、まさに10年もあれば人生なんて大きく変化していると言えます。

 

「未来を見る前に過去を振り返る時間を取り、そこで過去を確認しつつ今の自分の位置を確認し、加えてそこから未来を想像していく姿勢」は、企業経営においても大切だと思います。

 

もし、10年前を振り返って今とまったく違う事業をしていたなら、今から10年後には今とまったく違う事業をしている可能性があります。

 

コロナ禍における昨今ではなおさらです。

 

5年後のことを考えるには5年前を振り返る・・・

10年後のことを考えるなら10年前を振り返る・・・

という発想は面白いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  4. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  5. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…
  6. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  7. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  8. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  9. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  10. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る