「〜だからやらない」という選択の代償は?

サラリーマンは仕事において「自分の意思でやる/やらないを選択・決定できるケース」は限られていると思います。

 

ほとんどのサラリーマンは「上司の意向」に従わざるを得ず、かなり行動は制御されていると思います。

 

でも、そんなサラリーマンであっても仕事を離れたプライベートにおいては自分の意思で自分の行動を決定することが可能です。

 

プライベートでは「〜だから(自分は)やらない」という選択を自由にできます。

 

しかし、この「〜だからやらない」という選択をする際には気をつけなければいけないことがあり、たとえば次のような2つが考えられます。

1.やらない理由がロジカルかつ事実であること。

2.やらない判断をするなら、それによるリターンを放棄すること。

これは、仕事上においてもそうした選択と決断を自分ができるようになったときに必要な概念です。

 

だからこそ、そうした場合に備えて普段からプライベートの中でも意識しておくと良いことだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

例えば「不動産投資は自己破産のリスクがあるからやらない」・・・という人がいますが、これは一つの意見・見解であって万人が納得する事実ではありません。

 

借金をせずに自分の手持ち現金だけで物件を買えば、損をすることはあっても破産をすることはありません。

また、不動産投資で自己破産をした人というのは実際には結構少数だとも言われ、私が見聞きしている中では一人もいません。

 

サラリーマンが行なう不動産投資で借金をする場合であっても、自分の給与収入から返済できる範囲に留めておけば自己破産をすることはないと思います。

 

そういう意味では、「自己破産するかもしれないから不動産投資をしない」という考え方はかなり偏った考え方で、極端に言えば間違った考え方だと言えそうです。

 

でも、これが仮に「1円たりとも損をしたくないので、(自分は)不動産投資はしない」・・・というのであれば、これは論理的に合っていそうです。

 

1円以上の損をする恐れ・可能性はどんな不動産投資でもありえるからです。

ただし、このような人は「資産形成がしたい」とか「投資で儲けたい」とか「お金でお金を生み出したい」と考えるのはナンセンスなことになります。

 

銀行預金だって1千万円超になれば手元に戻ってこないリスクが生まれますから、そういう人は銀行預金だって厳密にいえばできなくなります。

 

世の中には「●●はやらないけど、それをやることのメリットは得たい」という虫の良いことを言う人がいるのも事実で、そういう考え方はやはり持たないほうがベターだと思います。

 

仕事をするのはイヤだけど給料は欲しいとか、異性にアタックするのはイヤだけど恋人はほしいとか、不動産投資で地方物件はイヤだけど安価で高利回りの物件がほしい・・・と言うのは止めたほうがベターだということです。

 

「〜だからやらない」という選択の代償はどんなことになるのか?を考える習慣を持っていると、仕事ではデキル人になれると思います。

 

人生においてこの発想を大切にした選択と決断を繰り返していくと、そこから(人生が)変わっていくかもしれないですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-19

    減点主義よりも加点主義の方針が良い!

    ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運…
  2. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  3. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  4. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  5. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  6. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  7. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  8. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  9. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  10. 2022-4-27

    福の神は善行者に試練を与えることで「福」を導いてくれる?!

    「福の神」という言葉があります。 日本では、福の神が付く人は「人知れず善いこと(善行)を繰り返…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る