年収を上げる選択肢はいくらでもあると気づこう!

日本は「少子高齢化」と言われて久しく、このまま高齢者の人口割合が右肩上がりに増えていく(=若者の人口比が減ってしまう)と、明らかに社会保障の仕組みに問題が発生します。

 

評論家の先生たちが常に問題視していることであり、たまにマスコミ等でも取り上げられることですが、一般庶民は何となく遠い未来の話・・・くらいにしか思っていません。

 

そのため、すぐに何か行動を起こすということはなく、ニュースや雑誌等でそうしたことが議論されていても何となくスルーしてすぐに忘れてしまいます。

 

現状のままだといずれ現役世代が苦しむことになりますが、当の現役世代にその関心が低ければ、取り立ててそれを大きく問題提起する人が出てこなくても仕方のないことかもしれません。

 

でも、何となく人々の意識に刷り込まれ遠い将来の不安が蔓延化していることが若者の晩婚化や一生独身化などを生み出す原因となり、結果的に出生数が減って更に現状が悪化していくという悪循環に繋がっている感もあります。

・・・・・・・・・・・・・

現役世代の若者が経済的にもう少し満足感を得られたら、出生数の減少問題は徐々に食い止められていくかもしれません。

 

具体的には、その少しの満足感を得るために月に+5万円くらいの収入増となることが挙げられます。

 

毎月、+5万円の収入増(副収入がある)だけでも年間60万円のプラスになります。

 

若い頃は副業で1回でもお金を稼ぐ事ができたらそれが自信に繋がりやすい時期・年代です。

 

自信さえ付けば月に+5万円が+6万円となり、やがては+10万円・・・となっていきます。

年収増を図る選択肢はいくらでもあります。

 

今の自分の仕事・会社など、一つの収入源だけにこだわる必要はありません。

もちろん業種によって難易度は変わりますが、1つの仕事をしているだけで「年収増を目指す」のは厳しいことです。

 

それが今の時代です。

このことにイチ早く気づいて行動している人は副業で数万円程度なら既に稼いでいると思われます。

× 今の仕事で給料が上がらない → 諦める

× 副業で外に出るのはしんどい → 諦める

・・・で、これら諦めは早計です。

この思考に陥っていると現状打破ができず、結局はフン詰まり状態のままです。

 

過去の発想からなかなか抜け出せないとしたら若い時代を無駄に過ごしかねません。

 

2022年が始まってまだ日も浅いですが、今年は昨年までとは違う自分をつくりだすという気概をもって「自ら変化する」と良いと思います。

このブログが抜け出すキッカケになると嬉しく思います。

時代が移り変わる中で状況は刻一刻と変化していきますから、そうした時代を生き抜く自分も変化することが求められると知ることが大事です。

 

そして、人が肯定的/前向きに動く一つの指針としてはやはり「お金(マネー)」を目標設定におくのが一番わかりやすいと思います。

 

今20代の人で、「お金」が原因で結婚や子育てに前向きになれないのであれば、ぜひその現状を打破していってもらいたいと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  2. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  3. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  4. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  5. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  6. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  7. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  8. 2022-5-25

    「藁(わら)ぶきの家」ではなく「レンガの家」を・・・

    私は常々「権利収入を持つこと」を推奨していますが、この「権利収入を持つこと」は童話『3匹の子ブタ』で…
  9. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…
  10. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る