どのチャンネルを見るか?

4月はテレビ番組の改編時期なので、3月のテレビ番組は何かと特番が多くなりがちです。

 

最近は若者を中心にテレビ離れが加速していると言われ、各局ともにいろいろ大変だと思います。

 

ただ、最近テレビを見ていると、そもそも報道番組などのアナウンサーの言葉遣い/特に文節の切り方にはかなりの「下手さ」が見えて(聞こえて)きているのでかなり残念です。

 

もっと日本語を正確/適切に用いて話すように、社内研修・教育をしっかりと行なってほしいな・・・と思うことがよくあります。

 

・・・・・・・・・・・・・

テレビの放映局にはいろいろな会社(番組)がありますが、日本では自分がどのテレビのどの番組を見るかを自由に決めることができます。

 

ケーブルテレビ/CSなどに至っては、もう見られる番組があり過ぎてとてもとてもすべてを見ることなんてできません。

 

人間が一度に見ることのできるテレビ番組は物理的に「一つだけ」です。

 

あるチャンネルのバラエティ番組でゲラゲラ笑っているときは、残りのチャンネルすべての番組を見ることができず、それはすなわち自分にとってはそれらの番組は存在していないのと同じとも言えます。

 

録画して後から見る・・・という手はもちろんありますが、その録画番組を見ているときは別の番組を見ることができない、という点では同じです。

 

「これを意識して体験する」と、自分が決めたものだけが現実となって現れている一方で、実は他にも存在している数多くの現実は自分にとってはその瞬間には存在していないのと同じだ・・・と気づけます。

 

そこに存在しているのに、見ることも触れることもできません。

 

人生という名の時間は「選択と決断の繰り返し」で構成されています。

 

だからこそ、人は「選ぶべきチャンネル」を慎重に選ぶことが大事なのかもしれません。

 

イヤな現実や忘れてしまいたいような過去を思い出させるチャンネルは見ないほうがベターです。

 

なぜなら、今の自分に他を割いてまでどうしても必要・・・とは言えそうにないからです。

 

何かを選択すれば、それ以外のことは選択放棄という現実は、ややもすると忘れがちなことです。

 

そのことをしっかり認識したうえで、日々の行動に自覚と責任をもって取り組む(選択する)ことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  2. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  3. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  4. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  5. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  6. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  7. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  8. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  9. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  10. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る