短期の大儲けは一時的で続かないもの

株式相場の格言の一つに「理外の理もまた理なり」というのがあります。

 

相場というのは時として人間の理解を超えた動きをするもので、理論的に考えられるとおりのことが常に起きるわけではありません。

 

そこには「人間は感情の動物である/人の行動は感情が支配している」という背景もあるからだと思います。

 

とかく「理外のこと」はよく起きることですし、それ自体(=理外のこと)も突き詰めて考えれば実は「理」になり得るのだと思います。

 

人間社会とはそうしたことの組み合わせだから一筋縄ではいかないことが多々あるのだと言えます。

 

・・・・・・・・・・・

私が20代のころ、ある経営者がこう言っていました。

 

「1年で1億円を稼ぐのは簡単だけど、5年で1億円を稼ぐのは難しく、後者のほうがすごいことだ」

パッ!と考えると、ちょっと意味不明です。

 

なぜなら、理論的には前者のほう(=1年で1億円を稼ぐ)が明らかに難しくてすごいことだからです。

 

5年で1億円稼ぐより1年で1億円稼いだほうが良いし、それができるなら5年で5億円稼げることになります。

 

哲学的な言葉なのかもしれませんが、当時、なかなか理解できませんでした。

 

でも、当時はまだ若かったし、理外の理もまた理なり・・・だと無理無理に信じようと努めました。

 

やがて、歳を重ねていくうちに、ある時ふっと何かのタイミングでこの言葉の言わんとするところが分かったような気になりました。

 

要するに前者の「1年で1億円を稼ぐ」というのは、言わば一攫千金的に急にお金を稼ぐパターンで、これは続けることができない(あるいは再現性のない)パターンを意味しているのだと思います。

 

別の言葉を使うと「複利をきかせられない」ようなパターンです。

 

一方で5年間で1億円を稼ぐ・・・というパターンには、「継続性/再現性」のニュアンスが濃く隠されていて、またそこには「複利がきく」ということがあるのだと思います。

 

経験と知識に裏付けられた安定性というのもありそうです。

 

急にドカーンとお金を稼ぐよりも、安定してコツコツとお金を稼いで、でもそれが確実で、何回も同じことを再現できて稼いでいるというパターンのほうが難しくすごいことなのだと思います。

 

今ではそういう理解をして納得しています。

 

やはり、名経営者の人の言葉というのは、何か隠された意味合いがあり、また、「それを理解できること自体が自分の成長度合いにもなる」のかもしれません。

 

言い換えると「理外の理を知り、それに従う」ということの重要性がどこまでわかるか?・・・です。

経験がまだ未熟な若いときは理解できなかったことも、年相応に経験値を高めていくと理解できるようになることは多々あると思います。

 

大事なのは「他者の言葉を理解しようとして聴く」姿勢を持つこと、そして「理外のことでも自分の無知が原因だからわからないだけだと謙虚にとらえて理解しようと努めること」だと思います。

 

これからもそうした態度・姿勢を失わないように生きていきたいと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  2. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  3. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  4. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  5. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  6. 2022-4-23

    やる気に火がつくセリフ/火を消すセリフ

    社員には「やる気のある」社員と「いる気のある」社員がいるように思えます。 「やる気がある」とい…
  7. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  8. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  9. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  10. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る