【注意】知らないと損をする

人生において、「知らないために損をしている」ようなことはとても多くあります。

 

例えば、同じ商品であっても売っている店によって価格が異なります。

 

こっちのお店は高いけどあっちの店は安い・・・ということはよくある話ですが、知らなければみすみす高いお店で高いお金を支払って損をしてしまうことになります。

 

よく揶揄して言われることに、公的扶助等の申請の話があります。

 

国や地方自治体などから支給される各種手当金や補助金などの制度は、結局「自ら申請しないと何も得られない」ことがほとんどです。

 

待っていたら行政のほうから「申請して手続きをしたらお得ですよ~」なんて言ってくることは決してありません。

 

つまり、制度自体を知らないともらえるお金ももらえないし、自ら申請をしないと同じくもらえるお金がもらえない・・・。

→ 知らないと損をしている・・・というわけです。

 

・・・・・・・・・・・

老後の収入源として誰もが真っ先に思い浮かべるのは「公的年金」ですが、その金額は決して多額ではなく、したがってほとんどの人は公的年金だけではゆとりある生活を送れない・・・と言われています。

 

俗に言う「2000万円問題」もその証左の一つです。

 

そのため、公的年金以外に「私的年金」に該当するモノを持っておくほうがベターであることは疑いの余地もないことですが、各種生命保険会社による個人年金等の「私的年金」に加入している人はそれほど多くないと思います。

 

これも「私的年金」の一つですが、私が考えるところの「私的年金」というのは、もう少し違うモノです。

 

民間会社の商品によるその名もズバリ!の「年金」ではなく、それ以外の仕組みによるお金の収入源のことです。

 

毎月安定的に自分の懐へお金を入れてくれる仕組みを意味します。

 

具体的に言うならば、例えば「家賃収入」です。

 

家賃収入は、老後の人生において私的年金の役割を十分に果たしてくれます。

 

誰しもが仕事(就労収入)で稼ぐだけではなく、仕事以外の収入源や自動的にお金を増やす資産や仕組みを現役時代のうちにつくっておくと老後の生活が安心できます。

 

その一つの候補が「家賃収入を得る仕組みを持つこと」ですが、家賃収入を得ることは「不動産投資/不動産賃貸事業」とも言えます。

 

こうした不動産投資を怖がる人もいますが、でも、FXや株式投機などに比べるとはるかに危険度が低い手法です。

 

しかし、そうは言ってもさすがに無知なままで投資をすることは極めて危険です。

 

だからこそ、事前にある程度の勉強/知識の吸収は必要です。

 

まさに「知らないと損をする」ので、「知っておく」ことを貫く姿勢が大切です。

 

100%完璧になる必要はありませんが、70%程度の知識を得て(つまりは知っておけば)不動産投資に足を踏み入れても損をする危険はかなり回避できると思いますし、むしろ「得をする」ことのほうが大きいと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  2. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  3. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  4. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  5. 2017-2-12

    貧困生活から脱出するには?

    昨今、日々の生活が経済的に極端に苦しい・・・といったいわゆる貧困状態にある人が増えていると言われてい…
  6. 2021-10-6

    知識武装の大切さ

    10月11日は本来「スポーツの日」で祝日ですが、今年は7月23日(オリンピック開会式の日)に移動した…
  7. 2021-5-6

    トップを維持する大変さ/途中からしんどくなる

    以前、イチローが引退の記者会見で 「プロに入って最初の2年くらいは1軍に行ったり来たりでその頃…
  8. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  9. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  10. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る