道に迷っていませんか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

人に何かを教えることを「指南する」と言ったりしますが、これは「五里霧中の状態でどちらが南なのかを指し示してくれる人」からきています。

子どものうちは学校で「先生」から勉強を教わることが多いですが、社会に出るとそうした「教えてくれる人」は極端にいなくなります。

会社内では先輩社員や上司が時にはその役を担ってくれますが、でも実際には一時的なものであり、中には教えてくれない先輩・上司もいたりします。

これが「経営」の領域になると、もはや誰も何も教えてくれません。

すべて自分一人で解決しながら突き進んでいくしかないのが実状です。

ビジネスにおいては指南役になってくれる人がいないため、ドツボに嵌って経営難に陥る経営者がたくさんいます。

Q. 毎年多くの人が起業していますが1年後にどれくらいの会社が生き残っているか?

→ 調査によると1年後には実に40%の会社が倒産や解散をして、結局60%しか残っていない・・と。

Q. では5年後、10年後、20年後は何%くらい生き残っているでしょうか?

→答えは、5年後15%/10年後6%/20年後にいたっては何とたったの0.3%・・・だそうです。

ビックリです。

自分のやり方が間違っていると自覚できないがゆえになかなか方向転換ができず、その結果、ムダな努力、間違った努力、見当違いの方向に進む・・・という悪循環を繰り返してしまうのかもしれません。

それらの積み重ねで五里霧中にあって、自分がどこにいるのかどっちが南の方向なのかも分からなくなっているかもしれないわけです。

会社経営に限らず、家計の管理(経営)に置き換えて自分の家庭の経済状況をキチンと計っておくことも大事です。

家計においても指南してくれる人はいません。

FP(ファイナンスプランナー)と呼ばれる人が一部助言をしてくれることもありますが、家計の細かいところはやはり家計を預かる人が自分自身で調整し決定していくことが必要です。

道に迷うことは誰だってあります。

大切なのは仮に迷ったとしてもそこから脱出するために「何らかの指針を持つ/ゆるぎない信念を持つ」ことです。

指南役のいないことをやり遂げるのは、すなわち自分が道を切り拓いていく先人であり、挑戦を繰り返す前向きな姿勢を持っていることを意味するとも言えます。

そんな頑張っている人は、必ず得たい結果を得て、幸せな人生を掴み取ることが可能なレールを歩んでいける・・・と信じたいものですね。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  2. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  3. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  4. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  5. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  6. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…
  7. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  8. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  9. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  10. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る