自分が生きてきた時代/自分の子どもが生きている時代

当たり前のことですが、自分が生きてきた時代と自分の子どもが生きている時代とではいくつもの差異があります。

 

この当たり前のことをキチンと認識していない親は、自分の過去の出来事・経験の中でモノを語るようになり、しかもそのズレた価値観を子どもに強制して植え付けようとします。

 

だから子どもはどこかで反発します。

 

特に友達が多い子どもは反発します。

 

なぜなら、親の価値観だけに沿っていると、周りの友達たちから浮いてしまって仲間外れにされてしまうからです。

 

・・・・・・・・・・

親は、仕事に対する取り組み方、夫婦・恋人関係、お金の使い方、休日の過ごし方・・・などすべてのことに関して自分の子どもに干渉しすぎてはいけないと思います。

 

そうしたくなる衝動があっても、それを抑えて子どもの自立心を信じ、子ども自身の人生だと割り切って任せることが大事だと思います。

 

例えばこんなケースが考えられます。

親; 一度勤めた会社でずっと働き続ける

子ども; 途中で転職するのは当たり前

 

親; 家事は妻の仕事

子ども; 夫も家事をするのが当たり前

 

親; 安易に学校を休ませてはいけない

子ども; 家族旅行を優先して学校を休ませることもアリ

 

親である自分が生きてきた時代と、今の子どもが生きている時代というのは、昭和の時代と平成・令和の時代の違いでもあり、筆舌しがたい違いがいろんなところに渦巻いているものです。

 

考えてみれば、自分の親もまた昭和初期の時代か大正時代の価値観で自分を縛っていたハズで、それを自分がイヤだと思ったこともしばしばだった・・・ハズです。

 

仕事に対しても、お金に対しても、あるいは人生に対しても、親の価値観を子どもに強制的に植え付けることを避け、子どもには自由に経験と選択をさせてあげるほうがベターだと思います。

 

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  2. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  3. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  4. 2018-1-14

    【重要】「投資」における目標の立て方

    年の初めにはいろいろ「今年の目標」を立てる人は多いのですが、肝心の「目的」を蔑ろにしたままで目標を立…
  5. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  6. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  7. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  8. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  9. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  10. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る