火を恐れる生き方/火を味方にする生き方

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

子どもの頃、学校には少なからず「悪ガキ」がいたものです。

多くの子どもは悪ガキを怖がり近づこうとしません。

その悪ガキは(内心、寂しくなり)周りに当たり散らし、ますます悪ガキぶりを発揮します。

悪ガキに目をつけられるとたまったものではありません。

場合によってはイジメが起きることもあります。

回避する方法の一つが「悪ガキと仲良くなる」ことです。

悪ガキが自分の側に立った存在であれば悪ガキを恐れる必要がなくなり、また他の子どもからイジメられることもなくなります(←トラの威を借るキツネです)。

悪ガキも実はただの子どもであり、たまたま他の子どもより発育が早かったり、体格が大きかったり、声がでかかったり、力が強かったりしただけです。

そんなのは時間が経てば平準化して解消していきます。

でも、その時代を生きる子どもにはわかりません。

ちょっと例え方が良くなかったかもしれませんが、言いたいのは「怖いといって逃げる」のも手ですが、「その怖い存在を自分の味方にする」のも手だということです。

昨今の「新型コロナ問題」についても、単に「コロナが怖い」と逃げ回る(ゼロコロナを目指す)より「コロナと共存する生き方」を考えたほうが暮らしがラクになって経済が活性化するのと似ています。

・・・・・・・・・・・・・

動物は「火」を恐れ逃げます。

一方、人間は火傷(やけど)しながらも「火」に近づくことで火を利用するとその価値がとても高いことに気づきました。

そうやって文明を作りました。

ビジネスの世界でも、会社内でも、ひとたび「問題」が起こると、その「問題」に耐えられないと逃げ出す人がいますが、その一方で「問題」を解決しようと努める人が出てきます。

そうしたトラブルや問題は「悪ガキ」や「火」と同じです。

扱い方を恐れて逃げているうちは怖い存在ですが、何度か火傷してでも上手に取り扱えるようになれば便利なものに変わります。

「火」を自由に使いこなせることによって人間は大きく成長しました。

会社内でも「問題」を解決に導ける人が次のステージ(出世)に上がることができます。

そして、ステージを一つ上がってみると過去の問題は全然問題でも何でもなかった・・・と思えるようになります。

(むしろ)自分に成長の機会を与えて切れたツールだった・・・と思えることさえあります。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」という言葉があるように、実際に近づいてみると思っていたほどたいしたものではなかった・・・ということはよくある話です。

火を恐れる生き方を改め、火を味方にするような生き方検討すると、人生に一つ新たな道が拓けると思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  2. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…
  3. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  4. 2023-9-25

    「投じた資本は形を変えてでもしっかり回収する」意識を持つ

    投資も運用も「何か(←主にお金)を増やす/膨らますことを狙って行なう行為」ですが、両者には少しだけ違…
  5. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  6. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  7. 2017-2-25

    不動産セミナーで講師が話したキツイ嫌味

    過日(・・・と言っても随分前のことですが)、ある不動産セミナーに参加したときの話です。 その時…
  8. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  9. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  10. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る