怒りは三毒の一つ

世の中、ちょっとしたことで怒っている人は少なくないかもしれません。

怒っていることを自分ではあまり意識しないで怒っている人が大勢います。

自らの怒りに気づくことも大切で、どんな小さな怒りであっても、それによって失うものは計りしれないと思います。

「怒ることで得られるもの」はないですし、あるのは「失う」ことだけです。

そういう意味では、ちょっとした小さな怒りで大きなものを失っている人が多くいるのかもしれません。

人間関係を失っているかもしれません。

お金を失っているかもしれません。

運勢を失っているかもしれません。

健康を失っているかもしれません。

間違いなく 「時間」を失っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「怒り」は三毒の一つです。

■参考:過去ブログ 三毒/怒り

『西遊記と三毒』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11102957784.html

『怒りの恐怖!(1)』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11101266717.html

『怒りの恐怖!(2)』
http://ameblo.jp/superameba/entry-11102937185.html

怒りの背景には大きく2つの思考があります。

1つは正誤思考です。

正しい/間違いという思考で、○か×かのどちらかで判断します。

怒るということは、自分が正しくて相手が間違いだと決めつけることで生じるわけですが、本来世の中は○×ではなく「○と△と×」で、正誤というよりも「相違」といったところです。

もう1つの分け方は期待思考です。

期待したとおりになっていない・・・だから頭にくる!・・・という勝手な考え方です。

自分の思った通りに外部環境が動かないことに怒りの感情を持つわけです。

怒ることで相手を動かしても、あまり正当な行為とは言えません。

怒らずに相手を動かすスキルのほうがずっと魅力的です。

怒った後には、自分にも嫌悪感が生じます。

なぜなら、人は自分一人で生きているわけではない、と知っているからであり、他人との良好な関係が大事なことをわかっているからです。

怒りそうになったら、グッとこらえてしばし沈黙して「ここで怒って何か得になることがあるのか?」と自分を抑えることも大切ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  2. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  3. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  4. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  5. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  6. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  7. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  8. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  9. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  10. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る