定年を自分で設定できる時代

日本の企業はほとんどが65歳定年です。

 

20代~30代の人はそれがほぼ当たり前という認識ですが、私が20代の頃は「55歳定年」が常識で、それがやがて「60歳定年」が常識となり、40代になると「65歳定年」が徐々に浸透し始めました。

 

やはり時代は知らず知らず変化しているものです。

 

もし仮に60歳定年でサラリーマンを退職して年金をもらうのが65歳から・・・といった場合/もしくは65歳定年退職して年金は70歳以降からもらえる・・・といった場合・・・だと、収入の断絶期間が5年ほどあることになります。

 

公的年金の支給を受けるまで5年の空白期間が生じます。

 

現役時代のうちに「自分の私的年金」を作らないで退職してしまうと、その空白期間の家計の財政不足分を埋めるため、自らの雇用を延長して嘱託職員などとしてあと5年間を会社で過ごさざるを得なくなったりします。

 

会社側がそれを認めてくれる人はまだラッキー!なのかもしれません。

 

認められない人はどこかで細々とアルバイトを見つける/見つけようとしても見つからない・・・というパターンになりがちです。

 

自分の定年退職年齢は自分で決める!

という覚悟と決意が大切かもしれません。

 

実際、私は「50歳でリタイアする!」という決意のもと、そのとおりに実行しました。

 

後悔などあろうはずがありません。

 

リタイア後は日々楽しく過ごせています。

 

そうやって早7年が経過しました。

 

・・・・・・・・・・

サラリーマンで「給料しか収入源がない」という人は、自分と大切な家族の生活を給与というロープ1本だけに頼っているわけで、そのロープが切れたら経済的に枯渇します。

 

ロープが太くて頑丈であればまだ良いのですが、細くてちょっとした衝撃ですぐに切れそうだとかなりヤバいです。

 

ロープを2本・・・3本・・・4本・・・と増やしていけば、精神的にもかなりラクになります。

 

たった1本のロープに頼るリスクをよくよく考えて、早くそのリスクを減少させることが大事だと思います。

 

命綱は1本だけよりも複数あるほうがベターです。

 

1本のロープにぶら下がるのではなく、そのロープをたくさん持っていつでもよじ登れるようにしておくほうがベターです。

 

なかなか働き方改革が進まない背景には、多くのサラリーマンが現役時代に「収入のロープを1本しか持たないことが常識と捉えていること」があるのかもしれません。

 

でも、ロープの数が増えると、給料というロープが細くなることを恐れる必要がなくなります。

 

方法は何でも構わないと思いますが、自分で「私的年金 」をつくっておく発想を持つことはこれからの時代、ますます大切になると思います。

 

そうしなければ、定年退職の日がどんどん後ろ倒しになって遅くなります。

 

いつまでも身体を酷使して働き続ける未来になります。

 

自分の定年は自分で決める!・・・退職して現役時代と区切りをつける日をいつにするかは自分で決める!・・・という思考をして、自分の道は自分で切り拓く姿勢を持つことが良いと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  2. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  3. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  4. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  5. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  6. 2021-3-15

    ウサギの目からカメの目に変えよう!

    寓話「ウサギとカメ」の話は誰でも知っていると思います。 実はこの寓話にはい…
  7. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  8. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  9. 2021-12-12

    【成功の秘密】収益不動産を一戸買ったとき誰も見向きもしなかったけど…

    昔からよくある話ですが、世の中で偉人と呼ばれる人も別に生まれた時から偉人だったわけではなく、人生の中…
  10. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る