日本のパスポート保有率23%

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

自分の人生で何か欠乏感がある・・・何となく満足できない、という人がいたら、それは自分の人生をもっと深く考える必要があって、実はもっと多くのことにチャレンジする価値があるということを教えてくれているのかもしれません。

いっそ海外に飛び出して諸外国を巡るくらいの大胆な行動を起こすと良いかもしれません。

仮に今、下りのエスカレータに乗っているとしたら、そこから飛び降りて上りのエスカレータに移らないと、今後どんどん辛くて切ない人生を送ることになりかねません。

外国へ行くにはパスポートが必要ですが、驚くことに日本人でパスポートを持っている人って、たったの23%だそうです(4人に1人未満)。

イギリス 76%

カナダ  66%

アメリカ 42%

韓国   40%

と比べればかなり低い数字です。

また中国は13%だそうで、これと比べれば日本のほうが高いですが、中国の場合は総人口が多いですから13%と言っても人数では1.6億人となり日本の総人口(1.2億人)より多くなっています。

日本の総人口より多い人がパスポートを持っているわけですから「爆買い」の効果・影響力はやはりスゴイものがあると言えそうです。

日本はシンガポールと並んで世界パスポートパワー1位の国です(パスポートパワーというのは「パスポートの所持だけで世界で最も多くの国家にビザ無しで行くことができる」という意味)。

日本の低いパスポート所持率が意味するのは、いまだに鎖国の感覚が抜けきれない/挑戦意欲が少ない/グローバル化から取り残されている・・・ということのような気がします。

・・・・・・・・・・
日本という国は歴史的に見れば海外と交流して海外の文物を取り入れ大きく発展してきた国です。

巣ごもりでじっと内に籠っていたらダメだと思います。

富裕層が少しづつ海外に流出している・・・とは以前から言われていることですが、少子化・高齢化・赤字財政・増税・・・といった時代背景がある今が日本という国の一つの曲がり角かもしれません。

そんなときに海外に行ける人がたったの23%しかいないとしたら衰退する未来しか浮かびません。

今後もっとパスポート保有率が上がって、海外に出かける人が増えることを期待しますが、時代は円安傾向にあるので後になればなるほどそのハードルが高くなってますます世界に飛び出しずらくなる恐れがあります。

でも、これからの時代で富と幸せを掴み取る人の多くは海外と線が繋がっている人でしょうから、若い人はチャレンジ精神を失わないで果敢に生きてもらいたいと思います。

私自身も16歳の時に初めてアメリカに留学して価値観が一気に変わって人生が変化したわけですが、それは15歳のときに目の前のチャンスを自らの手で掴み取ろうと行動したおかげでした。

話が逸れましたが、多くの人がパスポートを単なる身分証明証の一つで終わらせず、海外へ自由に行き来するための必須道具として活用してもらいたいと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  2. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  3. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  4. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  5. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  6. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  7. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  8. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  9. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  10. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る