思えば、ドルは1.5倍に/円は0.66倍に・・・

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

円と米ドルの関係はわずか1年ちょっとで「1ドル≒100円 → 1ドル≒150円」となりました。

ドル資産を持っていた人は、1ドル100円前後の時代から比べれば約1.5倍も現金・資産が勝手に増えてくれたことになります。

仮に「1ドル300円」突入しようものなら、現金・資産が勝手に約3倍に増えてしまうことになります。

ドル視点で見ればそういうことになりますが、かつては1ドル360円 → 1ドル100円前後となった経緯があるわけですから、そうした時代はむしろ「円資産」を持っていた人がオトク・有利だったわけで、本当に為替というのは面白くもあり、怖くもあります。

・・・・・・・・

一日のうちの約半分の時間を会社に捧げ、安くなった日本円で給料をもらい日々を日本国内で過ごす・・・というのが一般的なサラリーマンの生き方です。

為替がどうなろうと、日本国内で暮らす分には直接的影響はあまり肌で感じることはありません(間接的には物価高騰などで感じられますが・・・)。

日本で一生懸命労働して日本円で給料をもらい、生活費を切り詰めて地道に貯金をし続ける・・・というのは美学にも聞こえますが、海外の人から見ればお金が貯まる(増える)どころか生活はなかなかしんどくなるばかり・・・に映ります。

まあ、それもまた人生で、いずれこうした歯車関係が逆回転するときが来る・・・と信じるのも手です。

思えば、ドルは1.5倍に/円は0.66倍になってきたわけで、この傾向はまだまだ続くかもしれませんし、続かないかもしれません。

過去の為替が今では逆の傾向になっていたこと、日経平均株価が数十年という期間を経て3万円台を回復してきたこと(多くの専門家たちは2度と3万円を回復することはないだろうと言っていましたが時間をかければ陰極まれば陽に転ず・・・です)。

そうした過去を思えば、そんなに悲観することもないと思います。

大切なのは、未来は誰にもわからないことだと割り切る気持ちを持って、不用意に周囲の人の言葉に惑わされて自分の人生を狂わさないことです。

これから残りの人生をかけて、自分が生きたいように生きる/自分が信じる道を貫く・・・ということに意識を向け、それに向かって真剣に取り組んでいけば、きっと残りの人生は笑える機会が増えるようになると思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  2. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  3. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  4. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  5. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  6. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  7. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  8. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  9. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  10. 2023-1-11

    【重要】仕組化で管理して成果を上げる(人/部下をコントロールしない)

    100年以上も前の話ですが、こんな事例があります。 → ある建物を建てるため、大勢の職人がレン…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る