保険の選び方

生命保険にせよ損害保険にせよ健康保険や失業保険にしても、「保険」と名のつくモノはつまるところ最後は「お金」です。

・・・ということは「お金が潤沢にあるのなら保険に入る必要はない」ということになります。

社会人になると保険に入るのが当たり前のように言われますが、そんなことはありません。

ただし、社会人になったときはまだお金が潤沢にあるわけではないので、そういう意味において保険に入ることが大切となります。

もしも、万が一のときに対応できるだけのまとまったお金があるのなら保険に入る必要はないのですが、残念ながらほとんどの場合(私もそうですが)そんな状態にはないので、将来のリスクを考えたうえで「必要と思われるなら」保険に入ることがリスク管理となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少子化・晩婚化が進むと、セオリーでは保険に加入する人が減りますが、一方既存の保険加入者の寿命が延びるので保険料の支払いが長くなります。

学生のうちは生命保険を真剣に考える必要はないと思います。

社会人になりたての頃もまだそんなに深く考える必要はないと思います。

生命保険を真剣に考えるべきなのは「結婚した後」です。

とくに 「子どもができた後」はさらに真剣に考えることが大事です。

1.自分に万が一のことがあったとき困るのは誰なのか?
2.その困る人はいつまで困るのか?
3.その人は結局いくら困るのか?

この3点を検討すると良いと思います。

これらによって、どんな保証内容の保険を考えなければいけないのかが見えてきます。

なお、上記3つの観点で見た場合、独身の人が病気やケガで入院をして働けなくなったときに一番困るのは「自分自身」です(← 1.)

しかも困る期間は退院して働けるようになるまでで最悪の場合一生涯です(← 2.)。
死なない限り、病気やケガの心配はなくならないからです。

すると、困る金額は一生涯の生活費ということになります(← 3.)。

そういう意味では、入るべき医療保険は一生涯保証が続くモノ(終身医療保険)にしておくのが良い・・・という発想になります。

昨今ではいろんなタイプの保険がありますから、原理原則を踏まえて自分や自分の家庭にあったタイプの保険を選ぶことが大事ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  2. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  3. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  4. 2018-3-3

    【必読】経済的自由を手に入れるための発想とは?

    世間のほとんどの人はお金を稼いだらそれを消費にまわします。それがある意味常識になっていると思います。…
  5. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  6. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  7. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  8. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  9. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  10. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る