投資できる人/できない人

たとえば、信頼できる友人・知人等から「自分が持っているワンルームマンションを500万円で買ってくれないか?」と持ちかけられたとします。

(ちなみに買取金額の500万円+αの現金は自分の貯金にあると仮定します)

その人はどうも急にお金が要り用になったようで「現金」をすぐにでも欲しいようです。

借金することより資産の売却を考えたようです。

そのワンルームマンションはすでに賃借人が住んでおり、何もしなくても(月々の諸経費等を払っても)毎月4万円くらいが手元に入ってくるとします。

さて、このとき500万円を出してこのワンルームマンションを友人から購入するか?

それとも500万円は大金なので、丁重に断って今までどおり銀行口座に預金しておくか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私だったら、迷わず買います。

月4万円の利益なら年間48万円です。

48÷500=9.6%の利回りで500万円の資金を運用できることになります。

また、500÷48=10.4ですから、11年運用すれば投資資金は回収できることになり、それ以降は純粋に利益が積みあがっていきます。

リスクの一つは「11年以内に銀行預金の利率が9.6%以上になること」です。

貯金しているお金につく利息が9.6%以上あるのなら、そのほうがよっぽど確実にお金を増やせます。

そうなる可能性が果たしてどれくらいあるのか?と判断すればいいだけです。

かなり単純化した例ですが、もしもこうした局面に遭遇したときにすぐさま行動に移せるかどうかは、普段の意識次第です。

普段から、もしもこうした事例があったらこんな行動を選択しよう!と思い続けていると、本当にそんなときが訪れたり、訪れたときに迷わずすぐに行動できます。

ところが、普段「投資」の概念をもっていない人はせっかく貯めた500万円を使うのがもったいない!・・・と思って、将来の数百万よりも目先の微々たる利息(40円程度)を選んでしまいます。

どちらも正解です。

どちらを選ぶかは価値観次第です。

ただ、投資の観点から言えるのは「お金は使うためにある」ということ、「お金を貯めるのは増やすため」ということです。

将来お金を生んでくれるものに対してお金を投じる・・・これが大事です。

これが経済的自由を得る人と得られない人の分水嶺となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

私だったら、500万円に5万円をプラスして505万円で買います。

そうすれば、相手は(わずか5万円ですが)喜んでくれます。

5万円を上乗せすることによって、こちらが頼まれたので仕方なくイヤイヤ買うのではなく、自ら好んで買うんだよ・・・という姿勢を表せます。

相手も喜んでくれ、自分も安い投資案件を手に入れたと思えば、みんなハッピーです。

もちろん、確実な未来なんてありませんからもしかすると読みが外れてしまうことだってあり得ます。

したがって慎重になることも大切です。

結局経済的自由を手にすることができる(た)人というのは須(すべか)らく「投資の概念を行動に移すことを決断できる(た)人」だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  2. 2019-11-23

    自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

    2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、…
  3. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  4. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  5. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  6. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  7. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  8. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  9. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  10. 2018-2-1

    己を奮い立たせる言葉を持とう!

    サラリーマンの多くは、歳を重ねるにつれて会社内で地位が上がり、経済的にもゆとりができて、若い頃を振り…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る