1万円札がなくなる日は来るのか?

電子マネーがもてはやされて久しいですが、今、世界中で高額紙幣を廃止するべきだ・・・という意見が出ているようです。

ヨーロッパでは欧州中央銀行(ECB)が500ユーロ紙幣(約6万円相当)の印刷と発行を2018年末までに停止する方針を既に発表済みです。

アメリカでも100ドル紙幣(約1万円相当)発行停止意見が出ているようです。

そうすると今後考えられることが、日本でも高額紙幣である「1万円札」が廃止されるかも・・・?ということです。

少なくとも2万円札の発行とか、5万円札の発行といったことはない・・・と言えそうです。

もし、500ユーロ紙幣、100ドル紙幣、1万円紙幣等が廃止されると、いったい誰が困るのか?・・・というと、それはそれら高額紙幣を退蔵している富裕層の人たちです。

富裕層の中にはたとえ持っているお金に利息が付かなくて(増えなくて)もいいから、とにかく持っていること自体を隠しておきたい・・・と密かにタンスにしまっている人が少なからずいます。

ここで言うタンスとは本当のタンスではなく、いろんな安全な場所という意味です。

一つには相続税の問題があります。

極端に言えば税逃れのため・・・です。

そして、それには物理的に言って少額紙幣よりも高額紙幣で退蔵するのがラクです。

高額紙幣が無効になるとしたら、そうした富裕層は慌てます。

つまり、高額紙幣を廃止するということの裏には退蔵されているお金をあぶりだす効果があります。

パナマ文書が暴露されたのも、背景にはこうした税逃れの退蔵資金をあぶりだす狙いがあるのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、そうした人たちは本当にそのまま高額紙幣を表舞台に出してきて、銀行で両替をしたり預金したりするのか?・・・といえば、おそらくそうはしないと思います。

そのお金を使って別の何か・・・貴金属や美術品などを購入して高額紙幣としてではなく別の形(実物資産)に変えて再び退蔵すると思います。

実際、今、ヨーロッパでは絵画市場、特に数千万円から数億円規模の絵画が値上りしているそうです。

金(ゴールド)の値上がりも100ドル紙幣廃止論が背景にあるからかもしれません。

高額紙幣廃止論が高まるごとに実物資産への需要が高まる・・・という何とも皮肉的な話になり、それがちょっとしたインフレ状態を招くことになります。

そして、高額紙幣がなくなると不便になることもあるはずですが、そのときに役立つのが「仮想通貨」と呼ばれる類のものかもしれません。

そこまで先を読んで三菱東京UFJ銀行が仮想通貨マーケットに進出することを考えているとしたら・・・?????

仮想通貨マーケットはこの先大きなものに変化していく可能性があります。

大事なことは、時代が変化したらその変化に身を任せ自分自身も変化していくことですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  2. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  3. 2017-12-5

    不動産投資で焦って物件を購入するのはNG

    先日、ある不動産物件を紹介されて見に行ってきました。 残念ながら私の投資基準に合致するものでは…
  4. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  5. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  6. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  7. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  8. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  9. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  10. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る