必ずしも「無借金経営が良い」わけではありません

サラリーマンや公務員の感覚で「借金〇億円の会社/人」と聞けば、ヤバいと感じるかもしれません。

 

でも、これが税理士や会計士の感覚でそう聞いたなら、(その目線で言えば)、「借金の額よりも年商規模とのバランス次第だな」と感じるはずです。

 

仮に借金10億円でも、年商1000億円くらいの会社であれば別にどうってことありません。

 

さらに言うと、借金10億円で年商3億円の規模であっても、その返済金額や返済年数次第では気にするほどのことにはならないかもしれません。

 

また、借金10億円でも現預金高が10億円以上あるなら、これもまた全然気にすることはありません。

 

結局のところ、借金について言えば、大事なのはその借金の金額だけではなく、それを含めた全体的資産・現況売上規模のトータルで安全度を図ることだ・・・ということです。

 

・・・・・・・・・

借金1億円のサラリーマン・・・と聞けば、一般的なサラリーマンや公務員の感覚では、かなりドン引きするかもしれません。

 

それは「借金」と聞いたときに、すぐさまイコール「浪費の使い道で背負った金額」というとらえ方をしてしまうからだと思います。

 

そして、なぜそうなるかと言えば、自分の力量(経験など)の中で「借金=自分の浪費」という先入観が強く入り込んでいるからだと思います。

 

ところが、経営者やビジネスマンの立場だと「借金=必ずしも浪費とは限らない/経営上の運転資金かもしれない」・・・という発想をしてしまいます。

 

そのためすぐさま「ダメだ」とはならず、「果たしてどんな借金内容なのか?」とか「全体的資産は?」などといった疑問がわいてそれを確認しようという思考回路になります。

 

ここらが普通のサラリーマンとそうではない経営者/ビジネスマンとの大きな思考の差の一つだと思います。

 

重要なのは、借金の金額そのものではなく、その借金に見合うだけの資産があるか?・・・などです。

 

もし仮にその借金をいつでも返せるだけの資産があるとしたら、借金はまったく問題ではありません。

→ これを経営に当てはめるなら、形式上の無借金経営ではなく「実質無借金経営」ということになります。

 

形式上の無借金経営ではなく実質上の無借金経営でも問題ないし、もっと言うと、借金経営であったとしてもキチンと筋道が立った経営になっていれば倒産するリスクは限りなく低くなっていきます。

 

人は得てして自分の先入観や固定概念に縛られがちで、そのため「表面上の今見えていることだけで結論を急ぐ」傾向があります。

 

ところが、中にはそうしたモノを取っ払って「本質」を見抜こうとする人もいます。

 

それがデキるビジネスマンであり、サラリーマンはそうした像を頭に描いて少しでも近づけるように鋭意努力を重ねていくことが大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  2. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  3. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  4. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  5. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  6. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  7. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  8. 2022-1-29

    宿命から脱却して運命を引き寄せる/機会を創造する

    「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」とは、株式会社リクルートの創業者/江副 浩正氏の言葉…
  9. 2020-6-6

    10万円の給付金/100万円の融資金

    「借りた」お金であれば、当然「返す」必要がありますから、将来の返済のことを頭の片隅に置いたうえで借り…
  10. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る