人生100年時代

今後、人生100年(歳)時代を迎えていくことはほぼ間違いないと思います。

サラリーマンであれば、定年退職した後の人生が30年以上あるということです。

ここで留意すべきことは、この30年以上もの期間にサラリーマンはすでに労働市場から撤退していて実質働いてはいない・・・ということです。

つまり、もう給料はないよ・・・ということです。

そして次に大事になるのは「ではその間の生活費(お金)はどうするの?」ということです。

中には「年金をもらえるから大丈夫だ」という人がいるかもしれません。

でも、その考え方は大変キケンです。

「公的年金だけで無就労の人生を30年以上生き抜くことができる」のは大きな間違いで、とっくにそんなことはあり得ない時代となっています。

年金をいくらもらえるのか?

もらえる年金の金額で果たして毎月の生活ができるのか?

・・・という現実を知ることも大事なことです。

実際にもらえる公的年金の金額は個人差がありますが、だいたいはこうです。

1か月約6万円~19万円!

これが現実ですね。

自分が毎月暮らしていくのに6万円で賄えるのであれば問題ありませんが、そんな人はかなり少数派だと思います。

「住居費(家賃か固定資産税)、水道代、電気代、ガス代、電話代、食費」はすべての人にとってほぼ必要になるお金です(これらを6万円以下に抑えるのはかなりムリがあると思います)。

加えて、場合によっては所得税や各種保険料、医療費、衣服費、インターネット関連費用(プロバイダ代など)、交通費、新聞代、書籍代、慶弔費、遊行娯楽費、各種会費(町内会費など)・・・が必要になるケースがほとんどです。

人間が人間らしく社会の中で生きていこうとしたら、上記費用が掛かるのは仕方ないと思います。

そうしたとき、年金だけの6万円~19万円で本当に暮らせるのか?

暮らせるはずがない・・・でしょうね。

30代・40代のサラリーマンの人が自分の65歳以上の人生を今考えることは「自分の2倍の年齢のことを考えること」になります。

そのため、ちょっと想像しにくいことかもしれませんが、それでも考えてみることは大事だと思います。

人生お金がすべてではありませんが、お金がなくては満足に生きていくのは難しいです。

備えあれば憂いなし!・・・です。

後悔先に立たず!・・・です。

だからこそ、早い段階である今の30代~40代のうちにいろいろ考えておくことが大事になってくる・・・と私は思っています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  2. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  3. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  4. 2017-3-22

    【重要】子どもがアパートを借りて一人暮らしをするときに私が行なった事

    今から5年前の話ですが、うちの息子は東京都内の国立大学に進学して、自宅から十分に通学可能であるにもか…
  5. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  6. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  7. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  8. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  9. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  10. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る