老後を貯金だけでまかなうのは難しい

老後に必要な資金の額をいろんな人がいろんな切り口で主張されています。

ある人は3,000万円必要だ・・・と言い、別のある人は6,000万円は欲しいところだ・・・と言い、中には1億円以上あれば安心だ・・・と言う人もいます。

言えるのは、こうした主張のほとんどどれもが「貯めたお金で老後を生き抜く」という前提になっている・・・ということです。

難点は、「その生き抜く時間(=寿命)は人によって異なるし、寿命が何歳になるのかは誰にもわからない(本人にすらわからない)」・・・ということです。

当然、寿命が延びれば貯金を取り崩すやり方ではいつか貯金が枯渇するときがやってきます。なかなか死ぬときにちょうど貯金額が0円になる、なんてことにはなりません。

したがって、「老後のお金」についての向き合い方を見直すことが大事だと思います。

実際多くの人がそうした考え方に気づき始めているような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生50年時代はもうとっくに昔の話で、人生80年時代も過去の事になりつつあります。

100歳まで生きることが普通になる世の中がすぐそこに迫っていると思います。

長生きしていくうえで、どうしてもお金が必要です。

一方で、頼みの綱である公的年金にはいくつもの不安があります。

支給額が一番懸念されるところですが、支給の時期についても今後引き上げられて70歳~となっていく恐れがあります。

インフレ懸念もありますから、とてもとても年金だけでは生活をすることはできないでしょうし、そのために貯金を取り崩すとしても貯金だけでは心許ないのが現実だと思います。

まあ、ハッキリ言ってよほどの超お金持ちでない限り「貯金だけではムリ!」だと思います。

そうなると選択肢は2つです。

1.高齢になっても働き続ける(稼ぎ続ける)こと

2.権利収入の仕組みを作っておくこと

1.の高齢になっても働き続ける・・・といっても、100歳まで健康優良状態であり続けられる保証はないし、むしろ体のどこかに変調をきたしている可能性のほうが大です。

歳をとれば、人間誰しも病気の一つや二つを抱えていても不自然ではありません。

2.の権利収入の中でも、一般的なサラリーマンが作りやすい仕組みは「投資に依るもの」です。

まとめると、結局のところ、長生きリスクに備えるには貯金だけではダメで、それ以外に権利収入の仕組みを持つことが大事・・・とりわけ「投資」を避けては通れない・・・ということです。

人生100年時代では、「お金をいくら貯め込むか?」よりも「働かなくても入ってくるお金の仕組みをいくつ作れるか?」のほうが大事です。

そういう意味でも、安定した収入を生み出してくれる権利収入源を健康なうちにいくつも作っておくことが大切だと思っています。

それを実現できる大きなフィールドが不動産投資だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  2. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…
  3. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  4. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  5. 2019-7-19

    お金を生み出す仕事をしよう!

    「自分でがんばって稼いだお金」・・・という表現をとても頻繁に使う人は、もしかすると、お金を稼ぐには一…
  6. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  7. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  8. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  9. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  10. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る