一気に稼ぐのではなく「時間をかけて稼ぐ」という発想

サイコロを6回振ったとき、その6回すべてで同じ目(数字)が出ることはあり得ます。

例えば6回振って6回とも「1」が出る・・・というパターンです。

しかし、だからと言って「サイコロは常に1という目が出るものだ」・・・と決めつけることはナンセンスです。

確率・統計的に言えば、千回・・・万回・・・億回・・・と続けていけば、1~6のすべての目はほぼ1/6の確率で出ることが今では常識です。

たった1回限りの事・・・もしくは数回だけの事をもってして、そこから一つの結論を導くのは短絡的で危険です。

ある試験に合格したからと言っても、本当にその人がその試験に合格し続けるだけの実力の持ち主かどうかは何とも言えません。

逆に言うと、1回の試験に落ちたからと言って、その人が本当にその試験で不合格となり続ける実力しか持っていないと決めつけることも怪しい/ナンセンスなわけです。

信号を渡るときにたまたま左右を確認しないで渡って無事だったとしても、次は同じように無事でいられるかどうかはわかりません。

赤信号で道を渡ろうとすれば、事故に遭う可能性は大です。

1回・2回→1日・2日→1年・2年・・・というサイクルで見れば、当初大丈夫だったことでも後に大丈夫ではなくなっているかもしれないし、逆に当初ダメだったとしても本当はダメではないかもしれません。

大事なのは、論拠に乏しい少数の数を当てにするのではなく、論拠に耐え得るだけのたくさんの「数・量」を背景に置くことです。

「継続は力なり」です。

これが理解できると、「自分が望む結果を導きやすくする行動をいかに多くし続けるか?!の重要性」が腑に落ちてきます。

確率をコントロールするためにも数・量が必要です。

何かを成し遂げた人の行動結果は他の人から見たら奇跡に見えるかもしれませんが、本人からすれば行動の積み重ねの結果であって、必然性を帯びていたことに過ぎないかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

お金も同じで、いきなりお金を稼げるわけではなくて、「コツコツした時系列の連続があって徐々に稼げるようになっていく」・・・わけです。

1年前、2年前・・・5年前等の行動があって今の結果につながってる・・・そうした因果関係はお金を稼ぐことにも存在しています。

お金を稼ぐために大切な行動をし続けていることが大事です。

時間のレバレッジを使って人生の確率を自分のコントロール下に置く・・・。

この発想は大切だと思います。

人生を一気に変える、というよりも時間をかけて人生を変えていく(構築していく)という考え方を持てると、さまざまな時間軸を長く伸ばすことができると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  2. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  3. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  4. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…
  5. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  6. 2017-5-20

    さて、私は誰でしょう?

    ここにある「私」がいます。 私はいつもあなたに付き添っています。 私はあなたにとって一番…
  7. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  8. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  9. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  10. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る