忘れてはいけない「不動産投資の目的」とは?

不動産自体の「金銭的価値」は、換金した際にいくらになるか?=つまり幾らで売れるか?で決まると言えます。

視点を変えれば、次に買う人にとって果たして魅力的な物件なのか?・・・購入したいと思われるだけの需要はどれくらいあるのか?・・・ということです。

不動産の売買による差益を狙っている人はこうした点に常に留意しておく必要があります。そういう人の目的は「儲ける」ことにあるからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目的を「儲ける」から「稼ぐ」に移すと、視点が変わり、行動も変わります。

不動産の売買に着眼点を置くのではなく、そこから得られる「家賃収入」に目がいくようになります。

大きくドッカーン!と多額のお金を儲けるのではなく、毎月自分の生活を何ら脅かすことのないように安定した収入が入ってくればいい・・・つまり、定期収入・・・稼ぎが欲しい・・・という発想です。

家賃収入を得るということは、不動産賃貸事業をする、すなわち「大家さん」になることです。

決して、自己紹介で「私は大家さんです」と言うことが目的ではなく、あくまでも自分の生活の柱をつくるため(=専業大家さん)、あるいはサラリーマンという不安定な雇用環境を支える第二の柱を打ち立てるため(=兼業大家さん)です。

そう考えるらば、自分の懐が豊かにならない物件を購入するのはナンセンス・・・となります。

不動産業者の営業マンが言う「所得税還付」や「相続税対策」などは、自分の掲げた目的から外れた話となり、したがって足を踏み入れてはいけない道・・・と思えるようになります。

自分が行なう不動産投資の目的を見失ってはいけない・・・ですね。新築物件は購入した途端に中古物件となり、価格は急落します。

いくら儲けることが目的でなく稼ぐことが目的だとは言っても、何もみすみす高い物件を買う必要性がどこにあるのか?・・・を納得してから買うのが良いと思います。新築物件にかかる8%の消費税も何気に大きな金額です。

またエレベーター付き一棟マンションもちょっと考えモノです。

エレベーターの改修には千万円以上のお金が必要となりますから、今は良くても将来的に多額の出費というリスクが内包されています。

家賃を足し算した金額ではなく、家賃の合計から諸経費を差し引いた実質家賃の金額で、物事を考えることが大事です。

目指すべき実質家賃は専業大家さんであれば月額50万円、兼業大家さんであれば月額20万円くらい・・・と言ったところでしょうか?!。

この辺の収入ラインを突破すると、新たな地平を見据えることができるようになると思います。

豊かな人生を過ごすことを目的に不動産投資を行なっているのに、それ以外の道に嵌りこんで進むことはうまくありません。

不動産投資を行なうきっかけ・目的・動機は何だったのか?・・・と初心に返って見つめ直してみることも大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-28

    【保存版】不動産を相続した後で留意しておくべき事

    世間では「相続で不動産を手に入れた」という人もいると思います。 その不動産が「自分が居住する家…
  2. 2017-9-7

    お金を増やすより「財資産」を増やそう!

    世の中には、さまざまな「稼げる話」、「儲け話」が氾濫しています。 それこそ玉石混交で、中には…
  3. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  4. 2017-11-17

    お金を「稼ぐ力」とお金を「増やす力」を身に付けよう!

    人は大なり小なり、お金に対しての不安を持っているものです。 特に結婚して子どもをもつ家庭の30…
  5. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  6. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  7. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  8. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  9. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  10. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る