本業では自分が働き副業ではお金に働いてもらう!

総務省のデータによると、日本人の平均年収はここ20年以上ほとんど上がっておらず、過去10年の平均額は415万円ほどです(最近、このデータの抽出法を変えて無理くりにでも増えているかのように見せかけ始めた・・・とも言われていますが)。

実際、サラリーマンの方であれば、過去2~10年間で自分の給料がいくら上がったか確認してみると良いと思います。

2割以上上がっている人は優秀な人か、ラッキーな人だと思います。

そのため「給料が上がらないから副業を始めようかな・・・?」と考える人は増えていると思いますし、政府も「働き方改革」の一環として、2018年1月にモデル就業規則から「副業・兼業を禁じる項目」を修正して事実上容認する姿勢を見せています。

そのため、昨年は「副業元年」とも言われています。副業といういうと、多くのサラリーマンはアルバイトをして、今の会社とは別のところで働く・・・つまり二重労働/多重労働をイメージするかもしれません。

でも、副業にもいろいろなやり方があります。

自分の時間を切り売りして「就労する」というお金の稼ぎ方ではなく、既に自分が持っているお金に働いてもらってお金を稼ぎ出す/金融機関からお金を借りてそのお金に働いてもらって利子以上のお金を稼ぐ・・・という手もあります。

私は後者の考え方のほうがベタ―だと思っています。

なぜなら、二重就労は疲れるだけで自分の時間がますますなくなりますし、家族と一緒に過ごす時間が削られるので本末転倒になりかねないからです。あまり良いことではないと思います。

仮に二重就労をし始めたとしても、それを向こう何十年も継続してやり続けられる人はそうはいないと思います。

その点、後者の「お金に働いてもらう」というやり方であれば、向こう何十年も継続することが可能ですし、実際そうした手法をとり続けている人は大勢いらっしゃいます。

いわゆる「投資」です。

別名「権利収入の確保」です。

多くの時間を費やさずとも、投資という思考をもって行動すれば、本業で忙しく働いている人でも効果的な副業が可能になると思います。

自分の時間を切り売りしなくても、「お金に働いてもらう」という発想で物事を考え始めると、見えてくる視界も大きく変化して人生がまた一段と開かれていくと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  2. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  3. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  4. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  5. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  6. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  7. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  8. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  9. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  10. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る