お金は、稼いだら増やしてから使おう!

退職した後に備えてサラリーマンが今現在所有している資産の額は、ある調査によると約760万円だそうです。

これは20代~50代の男女平均値ですが、50代だけに限定すると男性で約1050万円、女性で約1070万円だそうです。

もちろん、これは対象者次第で数字は変わりますし、もっと多い人/もっと少ない人もいるハズですが、まあ、一応何らかの参考数値にはなると思います。

・・・・・・・・・・・・・

たとえば、平均的な人よりも10倍もの資産を持っている億万長者がいるとします。

そのとき、その億万長者は普通のサラリーマンよりも果たして10倍のスキルや実績があるのか?・・・と言えば、恐らくそうではありません。

ただ、そういう人は普段からお金に対して他の人たちとは違う価値観を持って生きているのかもしれません。

その一つが「お金を稼いでからお金を使うまでの順序」です。

普通の人は「稼ぐ→使う」といういきなりのパターンでお金を使おうとします。

でも、資産を構築できる人というのは、お金を「稼ぐ→増やす→増えた分だけ使う」という発想をします。

両者は何が大きく違うのか?・・・と言うと、前者はお金を使った時点でお金が消えてなくなりますが、後者は増えた分だけを使うので元金のお金は残ったままであり、再び増やすことで改めてお金を使うことができることです。

元金がなくならない限り、お金は永遠に増え続けていきます。

さらにそこへ新たなお金を「稼げ」ば、その分が元金にプラスされて「増えるお金も多くなる」わけで、これを繰り返すことでどんどんお金が累積していきます。

時間が経てば経つほどにその効果は大きくなり、それが資産の構築につながるわけです。

お金を稼いだ後、すぐに使わずに「増やす」ことに費やし、使っていいのはそこで増えた分だけ・・・という発想ができても、イザそれを実践するには時間がかかります。

最初は、とてもとてもたったそれだけでは使えない(生活できない)からです。

でも、時間をかけてこの仕組みをキチンとつくっていけば、そしてこの仕組みが軌道に乗るようになったら、もう後は安泰です。

放っておいても、ほぼ大丈夫です。

いわゆる「経済的自由を得た瞬間」です。

そうできるように、早い段階からお金の使い方に対しての意識を改めておくと良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  2. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  3. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  4. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  5. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  6. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  7. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  8. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  9. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  10. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る