「お金を減らさない」という発想で投資をする

投資をする人はたいてい「お金を増やす」ということを意識していると思います。

 

それはそれで間違っていないと思いますが、少し視点をズラして「お金を減らさない」という発想を持つことも大切だと思います。

 

・・・・・・・・・・

たとえば、現金で1千万円を持っていると仮定します。

 

投資を何も考えず、これを毎月10万円ずつ取り崩して使っていけば、1年で120万円ずつ減っていき、8年ちょっともすればすべての現金はなくなってしまいます。

 

今手元にある現金1千万円は、寿命8年ちょっと・・・ということです。

 

→ この現金を不動産投資にあてがうと考えるとこうなります。

 

手数料・税金込みで1千万円で不動産を購入し、それを賃貸にまわすことで毎月10万円の家賃収入を得られたとします。

すると、そこで得られた10万円で毎月の支出10万円を賄うことができます。

入ってくるお金をそっくりそのまま使ってしまうので「お金が増える」ことはありませんが、「お金が減る」こともありません。

そして、8年ちょっと経つと「現金を取り崩して使っていたときには手持ち現金が0円となる」ハズでしたが、投資を行なったおかげで「毎月、安定して10万円が入ってくることに加えて、もしその不動産を売却すれば1千万円に近い金額の臨時収入が入ってくる」ことになります。

 

多少、机上の空論的な要素が含まれていますが、あながち間違っているとは思えません。

 

なぜなら、10年前~昨年にかけて私自身がこれと同じことを実践して既に体験済み(実証済み)だからです。

 

10年前、私は持っていたお金を元に不動産を購入し、昨年までの9年間家賃収入を得ながら物件を保有し・・・そして昨年そのうちの一部の物件を売却しました。

 

しかも、幸いなことに、売却したときの価格はどれも購入時よりも高く売れましたので、言わば想定以上にお金は減らなかった → お金は結果として増えた!・・・・・・となりました。

 

ここで学んだのは「お金を増やすことよりもお金を減らさないことを意識しているほうが、将来的には結果に満足できる可能性が高くなる・・・」ということです。

 

今、再び、そうした意識をもって「お金を減らさない」ように努めているところですが、少しカッコよく言えば「無欲が一番/無欲の勝利」といったところかもしれませんね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  2. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  3. 2022-5-9

    「継続した」収入源がますます必要になります

    いきていく・・・というのは「命を継続していく」ことでもあります。 この「継続」という概念は非常…
  4. 2019-6-3

    不動産投資(賃貸事業)のしくみ

    中古マンションやアパートや一戸建てを賃貸に出すことで「家賃」を得て、それを自分の生活費として暮らして…
  5. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  6. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  7. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  8. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  9. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  10. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る