自分が身を粉にして働かなくても収入がある状態を確保しよう!

「お金を働かせて、自分が働かなくても絶えず収入が生じるように仕掛けること」を意識する人がコロナ問題によって増えてきる・・・と聞きました。

 

「働きたくない」という安易な逃げの発想からではなく、「将来を見据えたお金の不安解消」の発想からくるものであれば、それはそれで良いことだと思います。

 

そうしたとき、一般的にパッ!と思いつくのは「株式の所有」かもしれませんが、実際には株式でそのように収入を得ることは難しいです。

 

一番現実味が高くて多くの人に可能な方法は「家賃収入を得ること」であり、つまりは「不動産の所有」が前提となります。

 

・・・・・・・・・・

キレイ事は抜きにして、「お金は人生において最も重要なテーマの一つ」です。

 

小さな努力で富を手に入れる・・・なんてことは考える必要がなく、大切なのは「自分が身を粉にして働かなくても収入を得る体制を作る」ことに意識を向けることだと思います。

自分は就労せず、自分が所有するお金がお金を増やしてくれる・・・というちょっとした神秘的な出来事を期待するのは、まあ、ある意味ではとても面白いことです。

心に安らぎを得られるか、それとも絶えず心のどこかに不安を抱えているか・・・?!

その分かれ目は「自分の経済状況をコントロールできるかどうか」にあります。

世の中には、寝る暇もなくがむしゃらに働いて年収が300万円程度の人もいれば、日々それほど働かず、それなりに自由を満喫しながらでも年収数千万を得ている人がいます。

別に「年収数千万の人は年収300万円の人の5倍・・・10倍働いている」わけではありません。

 

ただ一種のお金の教養を正しく身につけ、お金の扱い方に長けているだけ・・・です。

 

お金を扱う教養を身につけてそのルールさえ知っていればそれなりの自由度を保つことができます(勝者になれる)。

でも、知らなければ間違いなく「敗者」になります。

 

ルールブックを持ってない時点で、一種のマネーゲームでもある「お金の世界」で勝つことはムリだと知るべきです。

 

一生死ぬまで「敗者」であり続けることはできる限り避けたいことです。

 

改めて言いますが、自分が身を粉にして働かなくても、キチンと収入がある状態を確保する意識を持つことは本当に大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  2. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  3. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  4. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…
  5. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  6. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  7. 2017-9-7

    お金を増やすより「財資産」を増やそう!

    世の中には、さまざまな「稼げる話」、「儲け話」が氾濫しています。 それこそ玉石混交で、中には…
  8. 2021-4-6

    大事なのは「月収」より「資産」のほう

    海外では「永住ビザ取得」のために必要な要件というのが、それぞれの国ごとに定められています。 &…
  9. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  10. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る