年収100万円アップの方法

サラリーマンが給料を増やそうと思っても、実際に給料の額を決めるのは上司や人事部や経営者だったりするので、自分で直接決めることはできません。

 

個人事業主や経営者自身であれば自分の給料(収入)は自分で決めることができますが、雇われの身であるサラリーマンにはそうしたことができないわけです。

 

ではサラリーマンでも自分で年収の額を決められる手法ないか?・・・というと、なくもありません。

 

→ 使うのは「不動投資」の手法です。

 

たとえば、年収100万円アップを目指すとします。

 

最初に不動産の購入費用という元手資金が必要となりますが、元手資金さえあれば理論上は年収100万円アップを組み立てることはたやすくできます。

 

例えばこうです。

戸建て住宅や区分マンションを1年に2戸買って、それぞれ1戸当たり家賃5万円で賃貸に出せば、単純計算で年収120万円のアップになります。

 

固定資産税等の出費もあるので、単純計算どおりにはいきませんが、それでも、それに近いレベルで収入を得られます。

 

理論的にはそれくらい簡単なことです。

 

ここで難しいのは

1.最初に適切な投資物件を買うこと

2.次に適切な入居者を見つけられること

くらいです。

 

→ 逆に言うと、これさえクリアーできれば年収100万円アップは実現可能です。

 

上記は「家賃5万円を得られる物件を年間で2戸」という計算にしましたから、「年間に1戸」であれば年収50万円アップが可能になります。

 

まあ、どんな数字を当てはめるかは自分次第です。

 

最初はしんどいかもしれませんが、3年ごとにこれを繰り返せば、10年後には相当の年収アップにつながっていることに(理論上は)なります。

 

サラリーマンであれば普段の生活は会社からの給料でまかなっているはずですから、「家賃収入と生活費の工面について」は考える必要がありません。

 

10年~15年も経てば、もうそれほど頑張らなくても(=お金を貯めなくても)、毎年勝手に数百万円のお金が増えているハズなので、そのお金で投資物件を増やしていく事もできます。

 

大事なのは、

1.まずは思うこと(想うこと)

2.次に行動を起こすこと

3.そして繰り返すこと(=諦めないこと)

・・・だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …
  2. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  3. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  4. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  5. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  6. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  7. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  8. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  9. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  10. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る