収入源4要素のうち3つも欠けるとピンチ!

私たちが収入を得る要素は次の4つに大きく分けられます。

1.就労〈自助努力)

2.資産(自助努力)

3.家族の支援(扶助)

4.社会保障(公的補助)

こうやって、何かを分類して(分けて)考える発想は大切だと思います。

 

人は成人するまでは親(家族)に扶養され、社会人になったら自分で働いてお金を稼ぎ、その稼いだお金を少しずつ蓄えてたくさん貯まったら資産を買って運用することを選ぶ人もいます。

 

サラリーマンであれば、定年退職を迎えて現役を退いた後は、公的年金を主な収入源としつつも、現役時代の貯金の取り崩しや、子ども(家族)の援助などで生計を立てていくようになります。

→ これがいわゆる「昭和モデル」だったように思えますし、初期の「平成モデル」もこれを踏襲してきました。

 

「昭和モデル」の老後の生活においては、「4.社会保障=公的年金」だけでも生活が成り立つケースが多かったわけですが、これは平成の世の半ばからはレアケースになってきたように思えます。

 

そして、令和の今、もはや、公的年金1本だけで老後の生活を工面することは完全に難しくなっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

平成の終盤から令和にかけてそれまでの社会家計モデルが大きく崩れてきたわけで、「収入の4つの要素」のうち一つしか持ちたくても持てない・・・という人が増えてきたように思われます。

 

つまり、4つのうち3つがない!・・・という人たちです。

 

ちょっとヤバいかもしれません。

 

50代までは「1」だけでも何とかなりますが、60代を過ぎ70代に入っていくともう「1」は望めそうにありませんから、「2」や「3」や「4」を含めて複数の「収入の要素」を持つことが大事です。

 

少なくとも2つ以上の要素を持っていたいところです。

 

たとえば「2」であれば一つの要素だけでも大丈夫のような気がしますが、それでもリスクヘッジのために「2以外」の要素も併せて持っていたいところです。

 

自分の「今」の収入源……先を見越して将来的に持っているであろう収入源……それがどんな要素に該当するのかを折に触れチェックしてみると良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  2. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  3. 2018-9-26

    企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

    一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。 なぜなら、その借金は「消費」に充てられ…
  4. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  5. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  6. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  7. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…
  8. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  9. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  10. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る