「節約」の意義

もし1000円の商品を900円で買うことができたなら、その商品を1000円で買った人に比べて10%の利回りを上げたことになります(1000円に対して100円なので)。

 

仮にそれができるまでに1か月かかったとしても、1か月で10%の利回りなら年間では120%の利回りということになり、机上の計算上ではものすごいことになります。

 

証券会社の優秀なファンドマネージャーであってもそんなに高い利回りのパフォーマンスを常時上げられる人はいません。

 

見方によっては、節約をするということは非常に高利回りな資金運用を行なっている・・・とも言えなくもないかもしれません。

 

言うまでもなく、1000円のものを900円で買うのは「100円の節約」なのですが、ここに節約の隠れた意義が存在しています。

 

節約に必要なのは、主に「自分の購買衝動を抑える勇気と辛抱強さ」であり、「自分でコントロールできること」が大半を占めます。

 

節約ができる人は意志力の強い人です。

 

自分の行動を自分の意志でコントロールできる人です。

 

外部の雑音や他人の行動に惑わされることなく意思を貫けられる人です。

 

ところが、そういう人はなかなか少ないもので、短期的にはできても継続して多面的にできる人はそう多くはいません。

 

意思が強いということはビジネスでも投資でもとても大切なことですが、ビジネスでも投資でも失敗する人が多くいるのは、もしかすると意思力の弱い人がそうしたことに手を出してしまうからなのかもしれません。

 

・・・・・・・・・・・

トマス・J・スタンリーとウイリアム・D・ダンコが書いたベストセラー『となりの億万長者』によれば、人が多大なる資産を築き上げるには

1.自分をコントロールする精神力

2.犠牲をいとわぬ態度

3.勤勉さ

・・・が必要とのことですが、そう考えると「節約」程度のことができないようならとてもそうした巨万の富を得るのは難しいと言えそうです(まあ、そこまでの富を得る必要もない、とも言えますが……)。

 

まずはともあれ、節約で高利回りをあげる(あげたつもりになってみる)・・・という体験を繰り返してみると良いと思います。

 

ビジネスや投資で成功したければ、まずは「節約をする」ということを自分に課し、自分が果たして意志力の強い人間になりえるのかどうか?を探ってみるのも手だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  4. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  5. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  6. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  7. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  8. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  9. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  10. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る