あって欲しくない超円安、デフォルト、ハイパーインフレ、預金封鎖

日本国債のムーディーズ格付けは2014年の12月にAa3からA1に引き下げられて、中国や韓国の格付け(Aa3)を下回ってイスラエルやチェコ、オマーンと同等とされました。

日本にいると何も感じないのですが、一歩外から金融関係者の視点で日本を見ると、日本にお金を投じることに躊躇するかもしれないレベルです。

外国人投資家から見れば、日本の国債は既にリスクの高い投資商品の一つとして見えているわけで、そうした風に思われるのは日本人としては心外なのですが、日本は対GDP費で200%の債務残高を抱えるという先進国の中でもNo.1の借金大国ですから致しかたありません。

数字がすべて・・・と言われればそれまでです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1150兆円以上もある国の借金を今後どうするのかは、いまだ誰にも解決の糸口がつかめていないようにも見えます。

あってほしくないシナリオの一つは、国のデフォルトやハイパーインフレや超円安や預金封鎖などです。

預金封鎖が起こる時はデフォルトや国債価格が暴落するときだと思われますが、外国の投資家勢はあまり保有していない日本国債を売ることができませんから代わりに円という通貨を為替市場で投げ売りします。

すると急激な円安になります。

一気に1ドル200円・・・ということになることだってまったくありえないとは言えません。

円の価値が一夜にして○分の1になるわけです。

そうした急激な通貨安は急激なインフレを引き起こします。

そこから、ヘタをすれば銀行の預金封鎖という選択肢もありえます。

そうして数か月・・・数年?が経ち、ようやく苦しい状況から少し脱することができて預金封鎖も解除される日が必ず来ます。

ただし、そのときの為替相場では円がついに1ドル=375円位になっているかもしれません。

晴れて銀行から預金を引き出しても、そのときの100万円は以前の100万円とは価値が異なります。

1ドル125円→375円だと仮定すれば、かつての100万円は3分の1の33万円くらいの価値になっているわけです。

TPP問題で、関税が緩和され外国との貿易活動が盛んになっているでしょうから、日本だけの円ではなくて、「世界の中の円」という視点で物事を見る必要があります。

ただし、日本という国レベルで見ると円の価値が3分の1になったおかげで、国の借金も3分1にまで減らすことができています。

3分の1・・・これをもっと減らすことも意図すればできなくはないと思います。

そして、そこから新たな明主が登場して国家の立て直しに入ります。

国の再建・・・です。

・・・とまあ、そんなことにはなってほしくないのですが、巷間言われていることを加味して考えると、数年先のことを踏まえた場合に頭の隅っこに入れておかなければいけない「あって欲しくないシナリオ」の一つだと思います。

そうならないように、経済も政治も平和に推移していってもらいたいものですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-6

    ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

    580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているよ…
  2. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  3. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  4. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  5. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  6. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  7. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  8. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  9. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  10. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る