「不就労収入」が入り続ける状態に早く持っていこう!

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

65歳で定年を迎えてサラリーマンとしての就労を終えたなら、その後約100歳くらいまでの残りの人生(=約35年間)を「貯金+公的年金」で暮らしていくことになります。

 

ほとんどの人はその収入だけで65歳以前と同水準の生活を維持することは困難です。

 

しかも、老後の最終段階で老人ホーム/介護施設などに入所することになれば、そこで必要となる費用はそれなりに莫大です。

 

だから、人はそうした未来があることを踏まえて現役時代を働き、就労し、お金を貯め、自分が働かなくても(働けなくても)お金が入ってくるような仕組みを構築しておくことが大切になります。

 

そうやって初めて人生終盤までの経済的自由度を構築しておくことが可能となります。

 

定年が70歳になったり、寿命が100歳まで届かなくても(残り人生が35年であろうと30年であろうと)、それはそれは結構長い年月です。

 

今の自分の年齢から65歳(定年退職)までの残り年数を計算して、今、自分が働けるうちにある程度の「不就労収入」が入り続ける状態にしておく必要がある・・・と悟ることが大切です。

 

これらに気づけるか?

そして、それを実践できるか?

 

この2点がとりあえずは重要なポイントとなってきます。

 

・・・・・・・・・

「まだまだ先のことだから・・・」と言っていたらあっという間に40歳を過ぎ、50歳を過ぎ・・・社内でも定年までの年数を数えることが多い年代になっていきます。

 

そうやっていやでも「老後問題」から目を背けることができなくなっていきます。

 

人が人間として生き続ける限り、必ず生活費としての支出が発生しますし、その分だけの収入が必要です。

 

ここで一つ確認しておくべきは、

Q.自分は(自分の家庭は)一体毎月生活費にいくらかかっているのか?

・・・まず、ここから計算してチェックしてみると良いかもしれません。

 

そこから逆算していけば「日々の生活で用意しておかなければいけないお金の総額」を計ることができます。

 

目を短期から長期へと転換し、時間を味方にして投資活動を行なうと良いと思います。

 

「不就労収入」が入り続ける状態に早く持っていく意識を持ち、自分が働けるうちに何とか早くその仕組みを手に入れられるよう努めることが大事だと思います。

 

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  2. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  3. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  4. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  5. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  6. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  7. 2023-2-10

    【必読】お金の教養を身につけ経済的自由を手に入れる

    サラリーマンの中には、会社勤めしながら投資する時間を確保できるわけがない/勉強なんてする時間が無い/…
  8. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  9. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…
  10. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る