何が起こってもおかしくない前人未到の時代

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

お金は道具に過ぎません。

お金を使うのは何かを得る(為す)ためですし、手元にあるお金は有限ですからできることなら「賢く使いたい」ものです。

「賢くお金を使う」と文字にすると簡単ですが、実行するのは難しいことです。

私たちはお金に関することを誰からも学ばず、幼い頃から家族や周囲の人たちの振る舞いを見ながら何となくそれをお手本に育ち、場合によっては一種の固定概念を植え付けられ、大人になってからは断片的に流れる情報の影響を受け、自分なりの価値観を徐々に形成して生活しています。

実際、ほとんどの人は「お金を生み出す方法の作り方」なんて教わったことがないと思いますし、唯一の方法は「サラリーマンとして就職して給料をもらう」だったと思います。

その結果、ほとんどの人は「雇われる生き方」しか選べなくなり、それが当たり前だと認識するようになり、その固定概念をずっと頭の中に残したまま生きています。

収入形態はほぼ「固定給」となり、これが何を意味するかと言えば、収入は毎月ほぼ一定額になることです。

そのため良くも悪くも「収入の範囲でやりくりするしかない」という発想に落ち着きます。

「節約貯金が大事」という観念が広く世間に浸透してきた原因の一つはこの「収入は毎月ほぼ一定」というところにあるのかもしれません。

しかし、この先はそういう発想では豊かな生活を送ることが難しくなる恐れがあります。

コロナ禍で収入が減ったり仕事を失った人が多かった現実を見れば、余計に「何が起こるかわからない/何が起きても不思議ではない」・・・という認識を持つことの重要性が増します。

前人未到の時代・・・と言っても過言ではないかもしれません。

そんな時代に生きていることに気づき、お金や健康のことを真剣に考えることも大切です。

よく言われる「衣食住」のうち、「住」だって今の平和な日本ではあまり考える機会はありませんが、今の世界の情勢をみればどんな飛び火が起きて「住の心配」をする日が来るかもしれません。

世の中は貯金の額が多いこと/若くして貯金が数千万円あると「すごい人」のように思われています。

しかし本当に重要なことは、「節約して〇〇万円貯める」とか「積立投資で老後の資産を作る」などといったことよりも、「どんな状況になっても衣食住を確保できる能力がある/どこへ行ってもお金を稼げること/どんな時代環境でもお金を生み出す方法を作れること」のほうにあるような気がします。

何かあったときのためにお金を貯めておくよりも、何があってもお金を生み出せるほうが、真の安心につながると思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  2. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  3. 2022-11-1

    50代になれば今後の生き方を考えておくことも大切に・・・

    人生100年と考えれば、50代はちょうどその折り返し地点に立つ時期です。 …
  4. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  5. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  6. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  7. 2021-10-11

    株の「売買」に酔いしれてはいけない

    株式売買を頻繁に繰り返してお金を儲けようとする人を「トレーダー」と呼んだりしますが、そうしたトレーダ…
  8. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  9. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  10. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る