給料をもらえているうちに新たな収入口を模索しておく・・・

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

会社を辞めて当面は手持ちの貯金で生活をしながら次にもっと良い職場を探そう・・・と考えていると、そのうち貯金は無くなり良い職場も見つからない・・・という最悪のパターンに陥るリスクがあります。

 

だから、サラリーマンの転職は「次の職場が見つかってから辞める」というほうがベターです。

 

そのほうが焦らずに済みますし、変なストレスも溜まりません。

 

実際、収入も貯金も無くなってしまう・・・という意識が強く働くと、人はものすごく焦りますし平常心ではいられなくなります。

 

転職を諦めて自分でビジネスを新たに起こそうと思っても、手元にある程度の余裕資金がない状態だと何をやろうとしてもできないものです。

 

商品を仕入れて販売しようにも資金が無ければ商品を仕入れることもできないし、プラットフォームにアカウントも持てないかもしれません。

 

誰かにノウハウを教わろうと思っても受講費用が捻出できなければセミナー講師などから教わることもできません。

銀行融資でお金を借りようとしても、雇われサラリーマンの経験しかない人/経営実績のない人にはなかなか難しいことです。

 

貯金の無い人に融資してくれる銀行はほとんどないと思われます。

 

銀行融資は「貯金ゼロ円の人が活用できる」手段ではなく、「ある程度の蓄えがある人」が挑戦できる手段だと思ったほうが当たりです。

 

こうして改めて考えてみると、給料をもらえているうちに新たな収入口を模索しておく・・・ということが本当に大事だとわかります。

 

「起業・独立」という方法は完全に無一文の人が挑戦できるものではありません。

 

サラリーマンであれば、サラリーマンとして働いているうち(給料をもらえているうち)に、手立てを講じておくことが大切です。

 

毎月の給料がもらえているうちに独立後の想定と準備を整えておく・・・ということです。

 

せっかくサラリーマンとして安定した給料を得ているのですから、その立場・環境を捨てるのであれば事前に「次の就職先を決めておく」か「独立資金をそれなりに貯めておく」というステップを経ることが大事です。

 

特に家庭のある人(配偶者と子ども→幼い子どもであれなおさらです)はそのことを忘れてはいけないと思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  2. 2023-9-25

    「投じた資本は形を変えてでもしっかり回収する」意識を持つ

    投資も運用も「何か(←主にお金)を増やす/膨らますことを狙って行なう行為」ですが、両者には少しだけ違…
  3. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  4. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  5. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  6. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  7. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  8. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  9. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  10. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る