日本で初めてボーナスを出した人

2020-5-11

日本で初めてボーナスを出したのは、「三菱グループ」の創始者・岩崎弥太郎氏だと言われています。

 

三菱グループ(財閥)の初代総帥です。

三菱グループと言えば、「三菱UFJ銀行、三菱重工業、三菱自動車工業、三菱商事、三菱製鋼、三菱製紙、三菱倉庫、三菱総合研究所、三菱マテリアル、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJニコス、三菱UFJリース、三菱ケミカル、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険、AGC、ニコン、ローソン、キリンホールディングス・・・・・・」など列挙に暇がありません(三菱鉛筆は無関係の会社というのが面白いところです)。

 

岩崎弥太郎の言葉にこんなのがあります。

 

「およそ事業というのは、まず人に与えることが大切で、なぜなら、必ず大きな利益をもたらしてくれるからだ・・・」

 

・・・・・・・・・

明治9年にイギリス最大の海運会社ピーアンドオー社が日本航路に進出してきて、郵便汽船三菱は窮地に立たされました。

当時の社長・岩崎弥太郎は自分の報酬を50%減給し、全社員も給与を33%カットして会社存続を維持したそうです。

 

そうやって、一時的に難所・難時期を乗り越えて新規顧客確保と安全運航を徹底していったところ、徐々に業績を回復することに成功し、その結果、敗れたピーアンドオー社は日本を撤退していきます。

 

そのとき、岩崎弥太郎社長は、「この勝利は社員の奮闘の賜物だ!」と社員に感謝し、社員の働きを上・中・下と査定したうえで年末に特別給与を支給したそうです。

 

これが今のボーナスの始まり・・・だとか。

 

ボーナスは「何もしなくても会社からもらえる一種の権限みたいなもの」ではなく、それまでの頑張りに応じ、」会社への貢献度に応じてもらえるありがたい特別報酬だというのが発祥の逸話から見て取れます。

 

今年は、コロナショックの経済環境もあって例年通りのボーナス支給には至らない会社も多いと思います。

 

それによって家計が苦しくなったり、当てが外れて支出がままならない家庭もあるかもしれません。

 

通常のボーナス支給までまだ1か月以上もありますので、今のうちから心の準備とボーナスの意義について理解を深めておくと良いと思います。

 

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-2-9

    株式市場が開いている時間の意味

    「市場」というのは、当然そこに来る人がいるからこそ成り立つわけで、逆に言うと、そこに来る人を対象とし…
  2. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  3. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  4. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  5. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  6. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  7. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  8. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  9. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  10. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る