勇気をもって一歩踏み出そう!

すっかり桜の花も散ってしまいました。

かつて親鸞は「明日ありと思う心の仇桜夜半に嵐の吹かぬものかは」と歌いましたが、明日でいいや・・・と思っている人は今晩に何がどうなるか?!というリスクを全く考えていない人だと言えます。

明日・・・と思っていても桜の花は今夜の嵐で散ってしま恐れがあるわけです。

熊本県にお住まいの方、ご親戚・友人のある方はさぞかし毎日不安と恐怖の連続だと思います。

今晩どころか、数秒後に何がどうなるかわからないからです。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンは会社に雇用されて安心してしまうのか、いつの間にか自分の力量の限界がどこにあるのか関心すら持たなくなる人がいます。

私は常々「自分の限界は自分で決める」と心がけてきました。

つまり、どんなに周りの人たちが「君にはできないよ、ムリだよ」と言っても、そこは頑固者になって「誰にも自分の限界を決めさせるものか!」と思ってきました。

多くの人は自分の「無限の可能性」の扉を閉めっ放しにしています。

自分なんかにはムリ、できない・・・と周囲の声に惑わされてあきらめてしまっています。

やってもいないのに、またやったとしてもたった数回であきらめてしまってはもったいないです。

自分の「無限の可能性」に失礼です。

「できない、ムリ」というのは真実ではありません。

どんな未来も人は自分で決めることができます。

自分の限界は自分で決める・・・ということは「自分の可能性を自分で試したうえで」という前提があってのことです。

今までもその可能性が開花する道筋が存在していたけれど、たまたま今までは気づいていなかっただけで、ようやく見えるようになった!・・・というときがどこかで訪れます。

もし、自分の人生を本気で変えたい!と思うのであれば、勇気をもって一歩を踏み出すことが大事です。

思い立ったが吉日で、すぐにでも行動を起こして一歩の前進が大切です。

今の自分がどうであれ関係ありません。

未来は無限の可能性で溢れています。

すべての人にはその未来があります。

すべては自分次第です。

自分次第で自分の未来をつくれます。

生きている以上その権利がありますから、権利行使することも大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  2. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  3. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  4. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  5. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  6. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  7. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  8. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  9. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  10. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る